ショコラ

バレンタイン2016

2月に入り、明日は節分ですね。
その後はまっしぐらにバレンタインモードでしょうか。
数年前からショコラへの注目が高まり、今年は最高潮な気がしています。
日本にこれだけショコラが浸透するとは私がお菓子の仕事についた当時には考えもしなかったのですが、すごいことですね。

スイーツ業界では昨年の秋から今年の1月にかけて、バレンタイン関連のプレス発表会が開催されました。
私自身今年は今までで一番多くのブランド多くの種類のチョコレートを食べたと思います。
食べたショコラを全て紹介したいところですが、特に私が注目したショコラを今年はブログやパナデリアさんで紹介しました。それをまとめていきますね!よかったら参考にして下さい。


9
まずは、素敵なカメリア型が印象的なショコラのプティガトー。「ベージュ アラン・デュカス 東京」と「シャネル」のコラボスイーツです。
伊勢丹新宿店にて期間限定の催事です。この他にもガトー、ショコラ、マカロンがあります。初日は昼過ぎに売り切れたのだとか!
★こちらでレポート

11

アンリ・ルルーのイタリアを旅しているような気分になれるボンボンショコラも印象的!
以前シェフのジュリアン・グジアン氏が来日された際、モデナというバルサミコとフランボワーズを合わせたボンボンショコラのデモンストレーションをしましたが、その華やかで深い香りに感動したのでした。
★こちらでレポート


12

家族や友人たちとわいわい切り分けていただきたいのがグラッシェルのアントルメ・グラッセ。
色んな種類がありますが、写真のものは私が一番好みだった「オーバル グラッセ ラクテ フランボワーズ」。
ラズベリーとミルクチョコをあわせた華やかでまろやかなアイス。
食後のデザートにもピッタリですね。
★こちらでレポート

14
ハイアットリージェンシー東京は、ショコラ系がとっても美味しいホテルなのです。
その中でも焼き菓子好きな私が気になったのが「サブレ ショコラ オ レ」。サブレ、ミルクチョコ、ヘーゼルナッツのプラリネ、という私の大好きな組み合わせ!これはまた食べたいので自分用に買いにいくかも~。
その他にも色々とあります。ホテルのページで紹介されています。ドモーリのチョコを使ったマカロンが気になります!
★こちらでレポート


10

何度見ても、「可愛い!」と興奮してしまうのが、、「ミュゼドゥ ショコラ テオブロマ」の土屋公二シェフと、ショコラコーディネーター 市川歩美さんのコラボレーションチョコレート。マダガスカル産カカオを使用した「ベリー・ベリービーントゥバー」(ネコちゃんイラストの)と、、テオブロマのオリジナルブレンドのカカオ分63%のタブレットに色とりどりのキャビアを型どったチョコレートが散りばめられた「タブレットキャビアパーティー」(ワンちゃんイラスト)の2種類があります。

★こちらでレポート


13

昨年末~今年食べたボンボンショコラの中で最も印象に残ったのがエコール・クリオロの「エヴォリュション 」。味はもちろん、風味や食感、素材の組み合わせなど、パティシエらしさ、ショコラティエらしさ両方兼ね備えたひと箱。和素材とフランス素材どちらも楽しめるのもサントスさんらしいですね。
今年は新ブランド「クリオロ」に生まれ変わるということで、こちらもとっても楽しみです。

★こちらでレポート


6
チョコレートをあげるだけではなくて、2人でバレンタインを楽しめるのがグランドハイアット東京のカカオ尽くしのバレンタインディナー。私だったらやっぱりペアリングワイン付きがいいな!

オークドアのメニューは3日間限定ですが、フィオレンティーナでは2月いっぱいで「カカオで煮た仔牛すね肉のラグーとカカオを練り込んだパッパルデッレ」がいただけます。これ、ココアと牛肉、赤ワインの相性が非常によくって本当に美味しい。ぜひ赤ワインと合わせていただきたいところ~。

こちらでレポート

22

ザ・リッツ・カールトン東京のバレンタインショコラ、こんな赤いハートのチョコレートもらったら、男性はドキドキしちゃいそうですよね。実際もらう男性にインタビューしたいくらいです。
この他にもボンボンショコラの詰め合わせがあり、ティラミスやモンブランなどのお菓子をイメージしたパティシエらしいショコラにも注目です。

★こちらでレポート

16

唯一タブレットの写真も。
ボンボンショコラも多数出されているパレドオールですが、私このビターミルクのタブレットがとても好きで!
三枝シェフがビーントゥバーのチョコレートをもっと裾野を広げて食べやすく、と開発した板チョコレートです。
まろやかで口溶けがよく、ミルクよりも甘さ控えめでビターよりも食べやすい。まさにほどよいカカオ具合!
ハイチ、ベトナム、キューバ、トリニダードの産地別4種類があるので、食べ比べもできますね。
人気の獺祭を使ったショコラなども紹介しています。お薦め多数すぎて。。以下リンク先をご覧下さいね!
★こちらでレポート

17

宝石の様な感覚で、差し上げたい「ブルガリ イル・チョコラート」のチョコレート。
実際は逆チョコとしてもらったら嬉しいかな!?
パッケージの美しさにも惹かれます。フィレンツェの伝統的な木版画による紙を使用し、16世紀のヨーロッパの庭園様式を参考にしたデザインです。見とれる程美しく、伝統工芸の素晴らしさを感じます。

★こちらでレポート

18

今年はフルーツとショコラの相性を存分に楽しめる、「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」の新作「エモション コロレ」。
数種類の素材を合わせているので単純ではなく、少し複雑な酸味や香りが華やかで大人っぽい味わい。
本命にも友チョコにも自分チョコにもおススメ。
★こちらでレポート

20
今年は今更ながらですが帝国ホテルの市川シェフのショコラティエとしてのすごさを感じた年でもあります。
よそには無い味を作り出しながら、それでいて奇をてらっているわけではなくしっくりくる味わいのショコラたち。
ホテルになかなか行く機会が無い方このバレンタインをきっかけにも是非味わってもらいたい!

★こちらでレポート


盛りだくさんショコラレポートでしたが、実際のバレンタインはこれから。

個人的にはこれから出てくるであろう個人店パティスリーのショコラを使った焼き菓子が気になります。
そして、これだけ食べてる自分は実際何をあげるの?とよく聞かれますが。。

ちょうどバレンタインは日曜日ですよね。私ザッハトルテとガトーバスクショコラのレッスンをしているので、それがバレンタインチョコになりそうな気配満載ですが、今年は頑張って主人の好きな苺のミルフィーユを作ろうかな?と思っています。そんな余裕があるかはかな~り微妙ですが、作れたらまたアップしますね。

皆さんのお薦めチョコもあったらぜひ教えてくださいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土屋シェフ&歩美さんコラボチョコが小田急百貨店ショコラ×ショコラに登場!

1_2

『なんと愛らしい、にゃんことわんちゃん~ッ!』

と、思わず微笑んでしまうような、そんな愛らしいチョコレートがバレンタインを目前にしたこの時期登場しました。

このチョコレートは、「ミュゼドゥ ショコラ テオブロマ」の土屋公二シェフと、ショコラコーディネーター 市川歩美さんのコラボレーションチョコレートです。

土屋シェフは、ショコラファンなら皆さんご存知だと思いますが、日本人ショコラティエとして先駆者的存在の方。
私もショコラを勉強し始めたときに参考にしたのは土屋シェフの書籍「Chocolat et Cacao」でした。
ショコラをお菓子としてだけではなく、その歴史や製法などショコラの背景にあるものを詳しく体系的にまとめられています。

そして、市川歩美さんは、昨年テレビ番組の「マツコの知らない世界」のショコラ特集の際専門家として出演されたのでご存じの方も多いと思いますが、とってもキュートで愛らしい方。
歩美さんのショコラに対する愛情と情熱は深く、そして常に勉強熱心で、ショコラ業界でもとても信頼されている方です。

その土屋シェフと歩さんのコラボチョコレートが登場ということで、私自身もとても楽しみにしていました。
しかも、テオブロマのデザインを多く手がけている樋上公実子さんの動物のイラストが本当に可愛らしい。

イヌのテオ君は、実際土屋シェフが飼ってる犬がモデルで、なんとよく見るとメガネをつけている!
(もちろん普段はメガネをかけてないとおもいますが、そういう写真があるんですって)

歩さんはネコ好きということで、もう1枚は可愛い子猫のデザインですが、実は帯で隠れて見えませんが子猫が見つめているのは赤いてんとう虫!これは猫好きにはたまらないですね。


2_2

気になる中身をご紹介。
まずは、ネコのパッケージの「ベリー・ベリービーントゥバー」。
ここ数年注目を浴び、今年は特に話題を呼んでいる「ビーントゥバーチョコレート」。
今回のために、土屋シェフがマダガスカル産カカオ豆を使用したカカオ分60%のチョコレートを使用しました。
マダガスカル産チョコレートは、フルーティーな酸味が特徴。それにあわせて、ドライのクランベリーとブルーベリーを散りばめています。

言われなければ気づかないかも?しれませんが、上部約1cmはベリーのトッピングがありません。
実はこれ、まずはカカオ豆の香りや味わいをしっかり感じて意図的に作った箇所なのです。まずはチョコレート部分だけを食べて、今度はベリーと一緒にたべてその相性を楽しむ、といった楽しみがありますね。

3_2

そしてイヌのテオ君デザインの「タブレットキャビアパーティー」は、テオブロマのオリジナルブレンドのカカオ分63%のタブレットに色とりどりのキャビアを型どったチョコレートが散りばめられています。
テオブロマでも人気の「キャビア」ですが、そのキャビアシリーズの全5種全部を使用しているとっても贅沢で見た目にも楽しい一枚です。

タブレット部分はカカオ分63%ということで、程よいビター感。ほんのりナッティな香りもしてショコラ初心者から上級者まで幅広い層に好まれる味だと思います。


今回ご紹介したタブレットは昨日(2/29(金))からスタートした、小田急百貨店新宿店のバレンタイン催事「ショコラ×ショコラ」で販売されています。どちらも小田急限定、個数限定なので気になる方はぜひ!
※ショコラ×ショコラの期間は2/14(日)までですが売り切れ次第終了です。

■販売期間  
1月29日(金)~2月14日(日)
■販売場所 
新宿店本館11階=催物場 「ミュゼ ドゥ ショコラ テオブロマ」ブースにて
■価格
ベリー・ベリー ビーントゥバー 1,404円(ネコちゃんデザイン)
タブレット キャビアパーティ 1,188円(ワンちゃんデザイン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ル・ショコラ・オ・ジャルダン・ドゥ・ツイード ベージュ アラン・デュカス 東京 アット シャネル

バレンタインが近づき、様々なショコラのイベントが予定されていますが、今回はショコラ×ファッションのコラボレーションをご紹介します!食だけでなく美容・健康・ファッション・アートなど幅広いジャンルで関心の高まったショコラ。

伊勢丹新宿店が提案する、ショコラ文化を取り入れた新しいライフスタイル「ショコラ・イセタネーション」の一環として、ベージュ アラン・デュカス 東京とシャネルのコラボレーションスイーツが期間限定で登場します!今回登場するスイーツを先駆けて詳しくご紹介したいと思います。

1

ベージュ アラン・デュカス 東京がオープンした当初から定番のシグネチャー・デザート「カレ・シャネル」。“カレ”とは、フランス語で「正方形」を意味します。ヘーゼルナッツのプラリネ、ヘーゼルナッツのダックワーズ、チョコレートムースを重ね、最後グラサージュ・チョコレートで艷やかに仕上げた一品。ヘーゼルナッツの香ばしさと濃厚なショコラの味わいが贅沢に広がります。

2
シャネルの創業者「ココ・シャネル」が愛したカメリア(椿)をモチーフにした「カメリア・ショコラ」。サブレ、ラズベリーのジュレ、チョコレートムースが層になり、艶のあるグラサージュ・チョコレートで仕上げています。ラズベリーのジュレはフレッシュ感とフルーティーな酸味があり、ショコラとの相性もよく女性らしい華やかな味わいです。


3
シャネル・バッグの象徴ともいえるキルティングモチーフをイメージした「マトラッセ」は、チョコレートとパッションフルーツを使ったとても開放的なケーキです。
アーモンドのビスキュイ、ヘーゼルナッツのプラリネ、ガナッシュ、パッションフルーツのクリームを重ねています。それぞれの生地の味や食感が異なるので、その違いを楽しんだり、時間差で口の中に広がる香りや味わいを感じることができます。


4
生菓子の他にも、こんな可愛らしいマカロンセット「マカロン・ベージュ」が登場します。
季節ごとに味を変えてレストランやテラスで提供されているマカロン。今回はチョコレート、レモン、ラズベリーの3種類が揃います。
中央のチョコレートのマカロンには、カメリアのショコラをあしらっているのがポイントですね。


5

そして、是非逆チョコとしていただきたいのがシャネルジャケットのボタンをモチーフにした「ブトン・シャネル」。通常レストランで食後に提供されるダーク&ホワイトのチョコレートですが、今回限定で“香水瓶”、“マトラッセ”、“エトワール”の3つのデザインが登場します。可愛らしくて食べるのがもったいないくらいですが、しばらく眺めて楽しんでから大事に頂きたいですね。

普段はテイクアウトできないベージュ アラン・デュカス 東京のスイーツを味わえる貴重な機会ですね!バレンタイン当日まで開催ということですので、本命チョコはもちろん、自分へのご褒美チョコとしてもいいですね。

■期間:2016年1月27日(水)~2月14日(日)
■場所:伊勢丹新宿店本館4階=センターパーク
■価格:
・ブトン・シャネル(5個入り) 2,376円/箱
・マカロン・ベージュ(3個入り) 2,160円/箱
・カレ・シャネル(1個) 1,944円/個
・カメリア・ショコラ(1個) 1,944円/個
・マトラッセ(1個) 1,944円/個
※上記価格はいずれも消費税込みです。
※商品販売のみの催事(イートインなし)。
※数量に限りがございますため、購入個数の制限をさせていただく場合があります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンタイン2016 その1

バレンタイン近づいてきましたね。
皆さんにもじわじわとチョコレート情報が届いている頃だと思いますが、本日パナデリアにて帝国ホテル東京とラ・メゾン・デュ・ショコラのバレンタインレポートが公開されましたので、ぜひこちらも参考にしていただければと思います。

あと2週続けてバレンタインのショコラ情報をご紹介しますので、楽しみにしていてくださいね!

4
■ラ・メゾン・デュ・ショコラ
http://www.panaderia.co.jp/event_report/2016_mdc_vt/index.html
新作「エモション コロレ」はフルーティーな味わいがショコラと調和したボンボンショコラです。特にレモンとレモングラスをアーモンドとヘーゼルナッツのプラリネにあわせた「ジョーヌ フュジョン」は定番の柑橘×ナッツの組み合わせにレモングラスのハーブをプラスすることで、より印象的な一粒になっています。


5
■帝国ホテル 東京 「ガルガンチュワ」
http://www.panaderia.co.jp/event_report/imperialhotel_vt/index.html
市川シェフはボンボンショコラを作る際、2種類以上のクーヴェルチュールチョコレートをブレンドされるそうです。
ブレンドした時の結果を頭の中で大体想像できるそうで、、
複雑な香りと味のチョコレートをそうやって想像上でブレンドできるようになるには、一体どれだけの経験を重ねてきたのだろうか。
まだまだ私には想像つかないショコラの世界がそこにはあるんだろうな、と感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスチャン・カンプリニのショコラ尽くしなメニュー!

1
バレンタインはすっかり終わってしまいましたが、まだまだショコラの美味しい季節は続いてます。

ハイアットリージェンシー東京の「ラウンジ」で期間限定で提供されている『カンプリニ ショコラ エ ショコラ』は、大人のショコラ時間を満足させてくれるメニューです。

ニフティースイーツ部で詳しく紹介しています!
ゆったり落ち着いたラウンジで一人でもお友達とも楽しめる内容です。


2
そして、個人的に今回のフェアで一番感動したお菓子「タルト・カリソン」。
プレス会の際に試食で頂き、その後生徒さんの差し入れでも頂きましたがやっぱり美味しい!
南仏の郷土菓子カリソンをタルトに仕立てたもの。

アーモンドの旨味とオレンジの爽やかな香りがたまらない、焼き菓子好きには一押しのお菓子です。
こちらはペストリーショップで販売しています。

3月末までのカンプリニスイーツフェア、まだ行ってない方はぜひ!
3月はカフェでいただけるグランデセールのメニューが変更します。
私も近々食べに行く予定で、とても楽しみです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

パフェ パレドオール

1


暑い日が続きますが、こんな時に食べたいのがアイス。
今日はパレドオールさんでスペシャルなチョコレートパフェ「パフェ パレドオール」を頂きました!

このパフェ、かなりのショコラ尽くし。

ショコラのアイス、ショコラブランのアイス、フランボワーズのソルベ、カカオの香りを移したバニラアイス、カカオのソルベ、ショコラでコーティングしたグラノーラ、ホワイトチョコ入りのクリーム(クレームシャンティとショコラブランのガナッシュの中間くらいの、ミルキーなクリーム)など、いろんな香りと食感を味わえるとても贅沢なパフェです。

ボリュームあるのですが、ついつい食べ進んで完食しちゃいました。フランボワーズのソルベは季節によって他のソルベに変わるかも?とのことですが、とっても美味しいので、ぜひパフェ好き、ショコラ好きの方におすすめします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お久しぶりです。
最近は記録的な大雪で各地で大変な被害がありましたね。
生徒さんの住む秩父も大雪だそうで、大丈夫かしら・・と心配しているところです。

お教室開催するにも、こういう天候不良の際は開催を悩むところです。。
予報に反して大したことがないこともあれば、予報以上のこともあったりするので・・。

1回めの大雪の際、コンベルサシオンのレッスンはお休みしましたので3月に1回だけ開催しようかと思っているところです。

さて、しばらくぶりのブログ更新です。
最近のお仕事やお知らせをしたいと思います。

1
パナデリアで連載中のアルザスレポート、29回目は「アルザスのいろんなお店たち」。
いつもはお菓子中心の内容ですが、今回はお菓子も含みますがそれ以外のお店について紹介。
写真のような雑貨などかわいいものがアルザスにはいっぱいあります!

アルザスで買ってきた陶器やテーブルクロス、エプロンなど、今でも眺めると思わずにんまりしちゃいます。

2
もう召し上がった方もおおいでしょうか?
ハーゲンダッツから創業30周年を記念して登場したアイス「30thアニバーサリー サクラ」と「30thアニバーサリー ローズ」をニフティスイーツ部でレポートしました。

華やかなアイスで、春気分を味わえますね。
個人的には特に桜が好き!
桜の香りって、日本人には癒しの香りですよね。
お花見スイーツとしてもおすすめしたいアイスです。


そして、日経新聞3つ星スイーツでは、スーパーで買える至高のチョコを紹介!
バレンタイン向けのテーマでしたが、まだまだチョコが美味しい季節ですね。
実は、私チョコ菓子大好きな分野で結構スーパーで買うことが多いです。
今回紹介した中でも何度か買ったのが2つ星獲得の森永のカレ・ド・ショコラのゴーフレット。
香ばしく薄いゴーフレットがチョコのセンターに入っていて、香りや食感が楽しい。一枚ずつ個包装されているのでちょっとしたおやつにピッタリです。


そのほか、いつくかのプレス会などにも参加してきましたのでまた近々ご紹介したいと思います!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

サロン・デュ・ショコラ東京2014

1


今年もはじまってますね!サロン・デュ・ショコラ東京。
チョコレートの祭典ということで、たくさんのショコラティエが来日し、また国内のショコラティエたちも集結しています。

プレビューにも参加してきました。
写真はプレスプレビューでの一枚。
ピエロとチョコの精?がパリからチョコの世界にワープしていく楽しいダンスを踊って、サロン・デュ・ショコラがスタートする展開でした。


2

今年も多くのショコラティエが登場。
全員集合してのフォトセッション。

今年は、漫画が原作で最近ドラマがスタートした「失恋ショコラティエ」の作家水城さんも登場しました。
失恋ショコラティエ、私は見たことが無いのですが、今年はその失恋ショコラティエの反響がものすっごいのだとか。
漫画のファン、そしてドラマのファン(松潤のファン)が多いようで、いつもにない層のお客さんが増えたそうです。
あっというまに失恋ショコラティエコラボのテオブロマのチョコは売り切れたそうです。

3

今年はプレスプレビューに参加できた時間がわずかだったのでほとんど買い物はできず、でしたが、気になるチョコを幾つか購入しました。

こちらは昨年パリにお店をだした日本人シェフ吉田さんのボンボン詰め合わせ


4

ミルクとスイートのボンボン。
薄い上掛けでとても繊細な食感。フルーツやバニラなどの香りも良くて美味しかったです。
味の説明書きがついていれば嬉しかったなぁ。


5

ドゥブルベ・ボレロのプランシェット。
これは毎年買っています。
ほろ苦なサブレをクリオロ種のカカオによるチョコでコーティング。
ザクザクした食感と香りのよいチョコがマッチ。
相変わらず美味しいです。


8

ボレロさんの新作ボンボン詰め合わせ。
左から中国茶、パッションバナーヌ、プラリネシトロン・サレ、アラック、ライムと苺。
それぞれ個性的な味ですが、パッションバナーヌが特に好き。ねっとり濃厚なバナナの香りがきいています。


6
ユーゴー・エ・ビクトール。
ここは、初出店の際はすごかったですよね。
でも今年もかなりの人気だそうです。

ブック型のパッケージがかっこよくて男性受けしそうです。


7


小さいボンボンショコラがはいっているのかとおもいきや、開けてみると大きなハート型のチョコがはいっているというドキドキもののアイテムです。ヘーゼルナッツとアーモンドのプラリネをハートに。
こういうのは本命チョコにおすすめですね~。


10

そして、今年目立つのは実演タイプのお菓子たち。
アイスやシュークリーム、ワッフル、クイニーアマン、ワッフルなどなど。
その場で気軽に食べられるカジュアル路線のスイーツが目立っていて行列を作っています。

こちらは京都マウンテンのチョコのソフトクリーム。
さっぱり後味スッキリの軽めのチョコソフト。
夏でも冬でも美味しい味です。


9
こちらは浅見さんとこのマンゴーのアイス。
浅見さんは以前アルザスのキュブレーでシェフを務めてらした方。
前まで、キュブレーで出店していましたが、昨年日本に帰ってきて会社を立ち上げたということで(お店はまだない)ヨシノリアサミとして登場。

ボンボンショコラやプレッツェル、アイスを出しています。

アイスはイチゴやチョコ、フロマージュブランなどありましたが、さっぱりしたかったのでマンゴーをセレクト。
マンゴーのアイスに、チョコをコーティングしています。見た目以上に結構ボリュームがあって食べごたえがあります。2人で分けてちょうどいいくらい。

まだまだ気になるショコラはありましたがあまりの込み具合に、今年は控えめに。
とはいえ、バレンタイン本番はこれからですね!

試食会やお仕事で食べたチョコレートなども色々とあるので、また少しずつ紹介していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラ・メゾン・デュ・ショコラ 六本木ヒルズ店オープン

16
9/21(土)六本木ヒルズに、ラ・メゾン・デュ・ショコラの日本店5号店がオープンしました!

今回の店舗は物販のすぐ正面にイートイン席があり、店内のショコラにうっとりしながらゆっくりくつろげる空間になっています。

オープン前日のプレス会に伺い、15周年ショコラやクリスマス向けのショコラをいただいてきました。

17


メゾン・デュ・ショコラが日本に上陸して今年で15周年ということで、15周年記念ショコラボックスが登場します。
メゾンを象徴する代表的な5粒が入っています。

キト…やや苦味のあるプレーンなダークガナッシュ
シャンパーニュ…ブラン・ドゥ・ノワールを使用したシャンパーニュのガナッシュ
リゴレット・レ…キャラメル風味のミルクムース
サルバドール…フランボワーズ風味のダークガナッシュ
グラン・ダンテル…サクサクしたクレープ入りミルクプラリネ


18

クリスマス向けには、小さなボンボンショコラが数種類あります。
赤い洋梨を使ったもの、ノワゼット、栗の木をの蜂蜜をつかったヌガーなど。
ひと通り試食させて頂きましたがどれも個性がありながら、メゾン・デュ・ショコラらしいまとまった品のある味。

そして、びっくりしたのがこのショコラの美しいピエスモンテ!
全部食べられるとのことですが、勿体無くてず~っと飾っておきたくなる美しさと夢のある造形にうっとりです。

特に手前のホワイトチョコのトナカイ部分などは、一枚のホワイトチョコを繰り抜いて作っているということでとても手がこんでいます。

大きなサイズのものは、5950gと迫力ある重量感でお値段82,950円!
さすがに手軽に買うことはできませんが、見ているだけでも幸せな気分になれます。

小さなサイズのものは120g、3675円。
こちらは、クリスマスのプレゼントにピッタリですね!

19

クリスマスといえば、アドベントカレンダーですが、こちらは可愛いツリー型のショコラ・カレンダー。
12/1から12/24までのボックスの中にはショコラやキャラメルがかくれています。

こんな可愛いツリーに、メゾン・デュ・ショコラのショコラとキャラメルが入っているなんて、毎日開けるのが楽しみですよね。贅沢なアドヴァントを過ごすことができそうです。
こちらは8610円です。


ラ・メゾン・デュ・ショコラ 六本木ヒルズ店
住所 東京都港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ ウェストウォーク 2F
TEL 03-3478-7530

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サロン・デュ・ショコラ2013スタート!

5


1/23(水)~1/28(月)の期間伊勢丹新宿店本館6F催物場にて、チョコレートの祭典サロン・デュ・ショコラが開催されます。
今年も国内外で活躍するショコラティエたちが多く来日して、魅惑的なチョコレートをたっくさん用意しています。

昨日は前夜際ということで、おじゃましましたが、既にすごい熱気!
チョコレートが溶けそうなくらいのお客さんのパワーです。
特に初上陸のセバスチャンゴダールは混み合ってましたね。
パリセヴェイユもほぼ夕方には売り切れ。。

今年のサロン・デュ・ショコラは「ルネサンス」がテーマ。ショコラの原点に戻って、考えたショコラが数々登場しています。

そんな原点とともに、新しいタイプのショコラももちろん登場していて、何からどうやって見て、食べていいのかほんとに悩ましいところです!


昨日はあまり時間がなくしっかりと見きれなかったのですが、個人的に食べたいものや既に食べてておすすめは…

ドゥブルベ・ボレロのアマンドショコラ
エス・コヤマのCCCデギュスタシオンNo.5
パスカルルガックのマカロンとサブレ
パリセヴェイユの生菓子
ナオミミズノのタブレット

などなど。

まだ全体像を見ていないので、この他にも沢山ショコラはあるので、会期中もう1回くらい行けたらな~っと思います。

また改めてショコラの写真などをご紹介しますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧