雑誌・書籍の紹介

フランスの素朴な地方菓子 2月27日発売です。

1

以前から何度かご紹介していましたが、改めまして、2月27日に『フランスの素朴な地方菓子』が発売されます。電子書籍の販売も予定しています。
(Amazonでは、まだ表紙が公開されていませんが、一足お先にこちらで公開します!その他にもサンプル画像を編集さんからいただいたのでいち早く皆さんにご紹介します!)

2


この本では、フランスの地方で伝統的に食べられているお菓子の歴史や由来を紹介しています。
今回は118種類のお菓子を地方別に紹介しています。日本でもよく知られているようなクグロフや、カヌレ、クレープ、ガトー・バスクなどをはじめ、現地に行かないと食べられないようなお菓子まで幅広く取り上げています。


共著者の深野ちひろさんと一緒に、お互いフランスで食べたお菓子を思い出しながら改めてそのお菓子について調べてまとめたものです。

当初は、地方菓子の紹介のみでの展開予定でしたが、後からフランス菓子という大きなくくりからみた地方菓子という存在についてより知識を深められるように、読みもののページも追加されていて、体系的に地方菓子について知ることができるようになっています。


そして、今回撮影用のお菓子として多くのパティシエさんたちにご協力していただきました。
その地方に由来のある方や地方菓子についての造形が深い方、焼き菓子をこよなく愛する方など、それぞれのシェフが作ったお菓子も、皆さんに見ていただきたいところ(各ページに菓子製作の店名を記載しています。)
3

今回はマイナビ出版さんの本です。マイナビさんというと就職系のイメージがありますが、独立した出版会社がありまして、最近いいなぁ、と思う本はマイナビ出版さんのものが多いです。今回は編集者さんをはじめ、スタイリストさん、カメラマンさん、デザイナーさん、イラストレーターさん、と、各方面の異業種のプロの方たちのお仕事ぶりを感じることもできてとても刺激的でした。

特にスタイリストさんは、私が20年前ほどから常々いいなぁ、この方の写真、と思っていた料理カメラマンさんの奥様だったのです。もうほんとびっくりです。フランスがお好きという事もあり、それがスタイリングにも反映されたのではないかな、と思っています。派手すぎず素朴、でも洗練された雰囲気もあり、とても素敵なお写真に仕上がりました。

そして、それぞれのプロをまとめて一冊の完成した本という形を作り上げる編集者の仕事ってやっぱり素晴らしいな、と思いました。それぞれの個性を統一感あるひとつのものに仕上げるという仕事は完成して見れば「すごい!」のひとことですが、そこに至るまでの地道で長い道のり、、、特に今回の本は内容が濃かったので編集さんも一苦労だったと思います。でもその甲斐あって、長く愛される本に仕上がったのでは?と思っています。

Sample4

私もいくつか製作を担当しています。今までお菓子教室で作ったものや初めて作るお菓子もありました。揚げ菓子などは、時間がたつとベタッとするので、撮影当日の朝から揚げ物をしたり、、となかなかハードな撮影でしたが、あっという間の撮影3日間でした。

しかし、本当に大変なのはその後。そう原稿です。。
フランス語の文献もいくつか、旅行で訪れた際に購入していましたので、それも参考にしつつ。
最近ではフランスの老舗や各地方の観光局などでも名物のお菓子について詳しく紹介されています。
そういったものも参考にしながら色々と調べました。

Sample2_1

改めてよくわかったのが、お菓子だけでは存在しないということ。
その地域でどのような歴史背景や地理的な条件があったのか、という事です。
つまりは、フランスの地理・歴史が密接にかかわっています。それに加えてキリスト教の存在も大きく、振り返ってみると、この地理・歴史・宗教について、調べ続けた数か月間だったな、と思います。

ちょっと難しいように聞こえるかも?しれませんが、やっぱり知らないで食べるよりも、そのお菓子の背景を知って食べるのとでは、全然感じ方が変わってきます。ぜひ、地方菓子に興味のある方に読んでいただきたい一冊です。

また感想などもお聞かせいただけると嬉しいです!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ウォーカー スイーツ特集号

2


東京ウォーカー最新号はスイーツの特集です!
今流行のスイーツを中心に盛りだくさんのスイーツを紹介している充実した内容。

私も、最近人気のスイーツの専門店についてご紹介しています。

メジャーなスイーツからマニアックなスイーツまで幅広く紹介されていますのでかなりの読み応えがある一冊です。
よかったらご覧くださいませ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のお仕事など

1_2


今年の9/1に50周年を迎えるホテルニューオータニで登場の50周年記念の話題のあのスイーツをニフティスイーツ部でレポートしました。

旬を迎えた極上のフルーツをふんだんに使った贅沢なスイーツです。
その名も「エキストラスーパーフルーツショートケーキ」。

もうこれ以上はないっというくらいの特別感ですよね。

8月上旬までの販売予定なので、気になる方はぜひ!
.........

それから、お知らせ遅くなりましたが、先週末の日経新聞プラス1にて、「真夏に食べたい お薦めのフルーツゼリー」が紹介されました。
http://www.nikkei.com/article/DGXZZO74532130Q4A720C1000000/

私も選者の一人として参加させていただきました。
この季節にピッタリの果実感たっぷり、ジューシー、見た目にも涼しげなゼリーが揃っています!

見た目に美しいアンリ・シャルパンティエのテリーヌ仕立ての「テリーヌ・ドゥ・フリュイ」と、岡山の清水白桃を贅沢に使った志ほやの「清水白桃半割り果実ゼリー」が特にオススメです!この夏の贈りものにどうぞ。
私も贈りものとして使わせて頂きました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌LDKにてコンビニスイーツ紹介

Ldk


今月号のLDKで、スイーツのお仕事をさせていただきました。

「しあわせのコンビニスイーツ選手権」という見出しで、主要コンビニの人気スイーツを紹介しています。

これ、実際数十種類のコンビニスイーツを試食したんです!
シュークリームや、エクレア、シフォンケーキ、プリン、チーズケーキ、ロールケーキなどなど。

いろいろと食べてみるとコンビニ毎の傾向があったりと、新たな発見もありました。

よかったらご覧くださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3つ星スイーツが本になりました!

1


日経新聞WEB刊で連載中の「今週の3つ星スイーツ」がついに、書籍化されました!

「3つ星スイーツ プロが選ぶ究極の逸品130」

今まで公開された記事の中から反響の多かったものを中心に、130種類のスイーツが紹介されています。

最後には食べ歩きに便利なマップ付きです。
またお取り寄せできるかどうかも掲載されていますので、とっても便利。

私自身、また改めて食べたいお菓子が多くて、今後大切な1冊になりそうです。

5/25発売予定です。
皆さん、どうぞよろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SPRING 「通がこっそり教える! すてきな東京ガイド」

17

7/23発売の宝島社の女性誌SPRINGムック本「通がこっそり教える! すてきな東京ガイド」でおすすめの東京スイーツを紹介しています。

いろんな分野で、専門家やタレントさんがおすすめの東京スポットを紹介していて、私はスイーツの専門家として参加させていただきました。


スイーツの中でも、「自分へのごほうびスイーツ」、「ロールケーキ」、「プリン」をテーマに是非一度は食べてもらいたいスイーツを紹介していますので良かったらご覧ください(P8~11掲載。)

個人的に大好きなスイーツばっかりなので、見ていてまた食べたくなっちゃいました。

これを見て、美味しいスイーツに巡り合って幸せな気分になれる人がいるといいなぁと思います。

ブログと違って、こういう本って普段はそんなにスイーツに詳しくない人もみるので、スイーツ好きには当たり前に知っているお菓子でも、多分読者の人にとっては初めての出会いだったりすると思うので、そういう意味でお店や作り手と何かしらの形でつながったり、スイーツの写真を見るだけでも癒されてくれると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シティリビング東京版 ヘルシースイーツ

11/4号のシティリビング東京版の特集はヘルシースイーツ。

ニフティー男子スイーツ部、平岩さんとともに私もヘルシースイーツの紹介をしています。
webからでも内容を見ることができますのでよかったら是非ご覧くださいませ。

momenのカップケーキやパレドオールの蜂蜜をつかったショコラ、辻口さんの新店フェーヴなどを紹介しています!

...................

最近新しいお店が続けざまにオープンしていますね!

最近では先日ブログで紹介した世田谷のユヌクレ(ベーカリー)やアブルーム(練馬のパティスリー)の他に


小田原に一夜城 Yoroizuka Farmが11/5にオープン

目黒にパティスリー ジュン ウジタが11/3にオープン

世田谷にパン屋さんオンカが11/1にオープン

これからクリスマスに向け皆さんお忙しいでしょうが、業界全体が盛り上がっていけるといいですね。

...................

それから、今月は雑誌関係も面白い!

料理王国の特集は「37人のパティシエ&キーパーソン」。表紙は Pâtisserie des rêves(パティスリー・デ・レーヴ)。

やはりこのお店は絵になりますね。お菓子はそれだけではなくその周りを取り囲む世界観、空気感が大切だと感じさせられます。

特集では日仏のパティスリー業界で活躍されている方々が37人紹介され、新しいパティスリーも取り上げられています。そこでしっかりした数字(運転資金とか月間の売上目標など)も記載されているのでこれから独立を考えている方にはとても参考になりそうです。

そして料理通信の特集はフランスのお惣菜。これまでのちょっとお高くてセレブな感じのお惣菜とは異なり、日常的なお惣菜にスポットをあてています。
ローズベーカリーやトゥレトゥール・イチやプチメックなどが紹介されています。

たくさんのレシピが紹介されていて私でも頑張れば作れるかな?というものもあるのでトライしたいところ。

また連載「絶対作れる挑戦レシピ」ではオーボンヴュータン河田シェフによるパン・デピスの作り方が紹介されています。

河田シェフの著書「ベーシックは美味しい」に掲載されているパン・デピスとは異なり(この本のはフルーツたっぷりで油が入るリッチタイプ)、今回は卵・水なしのごくごくシンプルタイプ。

パン・デピスちょうど今のレッスンで作っているだけに興味深い内容でした。


...................

明日はプレジール捧さんの講習会に行ってきます。
当初とメニューが変わったそうですが、実は変更後のお菓子のほうが好きだったりするので嬉しいとこ。
また講習会様子はブログで紹介しますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌「女性自身」コラボ ボンボンショコラアソート2/8発売 

20

週刊誌「女性自身」企画で4店舗のパティスリーのコラボレーションチョコBOXが2/8から発売されました。
百貨店催事でのコラボはよくありますが、こういう雑誌企画でのコラボ限定商品はなかなか珍しいですよね。

今回登場したパティスリーとシェフはこちらのとおり。

・パティスリー雪乃下 宇治田シェフ
(トリュフ エスプレッソ)左下

・パティスリープレジール 捧シェフ
(ショコラ マール ド シャンパーニュ)右上

・パティスリーラブリコチエ 佐藤シェフ
(ショコラ クレーム ブリュレ)右下

・パティスリーカルヴァ 田中シェフ
(ショコラ フロマージュ クリュ)左上

それぞれのシェフが自由に発想したボンボンショコラを1粒ずつ入れたアソートです。
価格は1450円。

各店舗で販売中ですが限定数ですので(各店舗45箱)です。
箱は共通ですが、ラッピングは各店舗で異なるということでそちらも楽しみですね!
(写真はプレジールのラッピング)

私もどうしても食べたくてでも今週は予定がいっぱいで、ラブリコチエ近くに住む知人に買っておいて~っと無理やりお願いしてしまいました。。(どうもありがとうございます!)

4人のシェフのショコラを一箱で食べられる贅沢な一箱。本命チョコにも自分チョコにもいいし、このくらいのコンパクトなアソートなら義理チョコにもいいですね。
スイーツファンならそれぞれのシェフを想いうかべながら食べると楽しいだろうなぁ。


今週の女性自身のバレンタインショコラ特集にこちらのコラボチョコ紹介されています。
特集後半では、私がお薦めする女子会チョコ、逆チョコ(男性から女性に贈るチョコ)についても紹介していますのでよかったらご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイーツムック本「TokyoWalker Sweets Collection」 2/4発売

Book

東京ウォーカーのムック本として初のスイーツ尽くしの一冊「TokyoWalker Sweets Collection」 が2/4(金)に発売されます。
都内の有名店・今注目の店から選りすぐりのスイーツ365品を網羅! 
ケーキのサイズ、パッケージ写真、予約の有無、アルコール使用まで徹底紹介。

最近ではもう定番のおやつ系スイーツ(ドーナツやどらやきなど)や、これからやってくるバレンタインに向けたショコラ、できたての美味しさを味わえるアシェットデセールなど、幅広い分野のスイーツをまとめた内容の濃い一冊です。

そして、美味しく楽しいMAPも付いています。

・銀座駅、東京駅、新宿駅、池袋駅などターミナル駅からすぐの手みやげMAP
・ロールケーキで巡る沿線MAP

以前東京ウォーカーのスイーツ座談会でご一緒したメンバー、下井さん、平岩さん、スイーツ番長、矢都木さんとともに、私もスイーツについてのコメントを寄せています。

この時期にぴったりのショコラのケーキの表紙が目印です。
よかったら是非ご覧下さいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビストロノミーな一冊 料理通信12月号

201012


今月の料理通信はビストロ特集。
単なるビストロではなく、「ビストロノミー」というのがキーワードですね。表紙を見るなり即買いしてしまいました。

私ビストロの持つ活気ある雰囲気、ガッツリした料理がすきなんです。


ビストロ(食堂)とガストロノミー(美食)を持ち合わせたお店が「ビストロノミー」。なんだか言葉の音もしっくりくるいい言葉ですね。

もともとビストロは、気軽にふらっと出かけられる食堂。
でもビストロノミーはそんなカジュアルな雰囲気をもちつつもハイレベルな料理を提供してくれるというのがありがたい限り!

ビストロノミーの流れはパリだけではなく日本でも確立されてきています。
そんなハイレベルなパリと日本のお店や料理を取り上げている一冊です。

またビストロならではのポイントなどもしっかり取り上げているのが、ふむふむ。。と興味深いです。
改めて料理通信の内容の濃さに感心します。

第2特集はスイーツファンも見逃せない「ガレット&クレープ」特集。
ブルターニュの郷土料理そば粉のガレットとクレープを提供するお店はここ数年で結構増えてきましたね。
お店の紹介とレシピ紹介もあります。

私はカリッともちっとしたガレットが好きです。
それを作るにはやはり専用の鉄板が必要みたい。。
フライパンだと熱が足りなくふにゃ~っとなるんですよね。

でもブルターニュでそば粉を買ってきたので一度はつくらなくては!

.......................


昨日今月のガトー・バスクのレッスン最終を迎え、次回りんごのクーヘンの試作に励んでいます。
ガトー・バスクは、今回あっという間にしめきったのですが、あと1レッスン分の渋皮煮がありますのでどこかのタイミングで単発で開催しますね。

それからショウガのコンフィをせっせと仕込んでいます。
来年のレッスンでショウガを使った焼き菓子をやりたいと思っているところです。
(コンフィは以前紹介したものとは違い、シロップ漬けの状態のコンフィです。)

そして来月のレッスン案内は今週中にご連絡しますね。
前半(1週目はおやすみします。)はシュトーレン&グリューワイン、後半はケーク・エコセです。
ケーク・エコセはアルザスでよく見かけるケークの一種。ドイツではレーリュッケンと呼ばれています。
ココアの生地とアーモンド主体の生地の2種の生地で構成されたお菓子です。

ケーク・エコセは通常の型ではなくクグロフ型でつくろうかと思案中です。
お土産にはベルギーの焼き菓子スペキュロスをご用意する予定です。

レッスン前にアルザスに行くので、ケーク・エコセは現地で色々と見て食べてきたいと思います!

| | コメント (2) | トラックバック (0)