« トゥールーズのお菓子フェネトラとすみれの花 | トップページ | フランスの素朴な地方菓子講座第2回目 »

6月お菓子教室 フェネトラとクラフティ

梅雨入りし、すこし蒸し暑い日が続きますね。
でもスーパーではさくらんぼをはじめ、桃やメロン、ビワなど初夏のフルーツがあれこれ出てきて、目に楽しい時期です。
そういえば梅やプラム類も出てきていますね!
今年は梅酢を作りたいと思っていますが、ちょっとこの頃落ち着かない日々で、まだしばらく取り組めなさそうです。いつもフルーツの旬はあっという間に終わってしまうので、置いてきぼりにならないよう注意したいと思います。


先月からスタートのフランス地方菓子レッスン。1回目はミディピレネー地方トゥールズのお菓子フェネトラを取り上げました。そして6月はさくらんぼのクラフティーです。
Photo


フランス、リムーザン地方のお菓子です。
卵、砂糖、小麦粉、牛乳を併せた生地にさくらんぼを入れて焼いたプティングの様な家庭菓子です。
現地では種ごとさくらんぼを焼きこむのが鉄則。そうすることで独特の香りがでるのだそう。

簡単に作るなら、陶器のお皿にアパレイユとさくらんぼだけ、というスタイルですが、私はパティスリーらしくブリゼ生地を土台に作ります。サクサク軽いブリゼ生地と一緒に食べるアパレイユとさくらんぼは、とっても軽やか
で美味しく、毎年この時期になるといただきたくなるお菓子です。

Photo

ただ、このフランス地方菓子レッスンでは現地に近いものもご紹介したいので、陶器で焼くもっちり食感のクラフティーもご紹介したいとおもいます。これはほんとに簡単!卵、砂糖、小麦粉、牛乳、バターで作ったアパレイユとサクランボを焼くだけ!まさに家庭ですぐに作れるお菓子だな、と実感されるとおもいます。

リムーザン地方のスペシャリテ、調べてみるとマスパン(マカロンのようなお菓子)やY字のブリオッシュ菓子もあり、ますます興味がわいている今日この頃です。

■日程
6月26日(火)10:00~13:30、6月28日(木)10:30~14:00、7月6日(金)13:00~16:30
※平日、日程にない日をご希望の方は、ご相談ください。

■参加費 8000円


その他6月はフェネトラレッスンが6月18日13-16時で開催募集中です。
フランス地方菓子は毎月1テーマでご紹介予定で、膨大な種類があるためまたこのお菓子に出会えるのはしばらく先になると思います。もし気になるお菓子がありましたら逃さないようよろしくお願いします。

今後のフランス地方菓子レッスンの予定です。8月以降はまだ日程未定ですが、6月、7月レッスンで予定にない日でご希望の方はご相談ください。masa@sweet-cafe.jp
 
5月フェネトラ (ミディ=ピレネー地方)★新作★ 

6月 クラフティ・オ・スリーズ(リムーザン地方) 6月26日(火)10:00~13:30、6月28日(木)10時半~14時、7月6日(金)13:00~16:30

7月 コロンビエ(プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール) 7/7(土)13:30 ~17:00で募集

8月 フィアドーヌとカニストレリ(コルシカ)★新作★ 日程未定

9月 ガトー・ブルトン(ブルターニュ地方) 日程未定

10月 タルト・ノルマンド(ノルマンディー地方)★新作★

|

« トゥールーズのお菓子フェネトラとすみれの花 | トップページ | フランスの素朴な地方菓子講座第2回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/426396/73675023

この記事へのトラックバック一覧です: 6月お菓子教室 フェネトラとクラフティ:

« トゥールーズのお菓子フェネトラとすみれの花 | トップページ | フランスの素朴な地方菓子講座第2回目 »