« 3月のお菓子教室 | トップページ | 桜のパン・ド・ジェーヌ »

ヴィクトリアサンドイッチケーキ&ショートブレッド レッスン

Img_3603


今月後半の新作レッスンは、珍しくもイギリス菓子です。
以前スコーンをデモンストレーションで作ったことがありますが、私のレッスンでご紹介したイギリス菓子といえばそのくらいだったかなと思います。

今回は実習もデモンストレーションもイギリス菓子です。
どちらも粉主体のイギリスらしい素朴なお菓子。

実習はヴィクトリアサンドイッチケーキ。
ヴィクトリア女王が夫の死後、長い間悲しみに暮れたときに、女王を慰めてくれたケーキといわれています。

Img_3587
とてもシンプルなお菓子で基本的な生地はカトルカール。バター、砂糖、卵、粉がすべて同量のパウンドケーキです。それをサンドイッチティンという浅い型で2枚やいて作るのが本場での作り方。

私は最初1台で焼いて半分にカットする方法で作り、その後2枚に分けて焼いてみました。
分けて焼いたほうが生地中央がそれほど膨らまず比較的平らにしあがるのですが、やはり1台で多い量を焼いたほうが生地の食感はソフトで美味しい。

それから、すごく感じたのが、日本人には重い。
美味しいのですが、一切れだけでも結構な食べごたえです。
見た目はスポンジケーキの様に見えても、カトルカールなので、しっかり目のパウンドケーキを食べているのと同じなので。。

そこでもう少し軽くなるように調整中なのですが、1台で焼くスタイルで中央が膨らまないように、というのを試行誤してどうにか形にだけはなりました。もう少し軽くしたいのと、生地の分量をもう少し減らしてバランスを整えたいと思いますので、まだ試作は続きそうです。

Img_3606

サンドするジャムは欲張りにも2種!定番はラズベリーや苺のジャムですが、今回はラズベリージャムに加え、これは合うだろうな!という甘夏のジャムを使います。ハーフ&ハーフで作って2種の味を楽しめるようにします。
どちらも色合いが明るくて春のお茶会にピッタリです。


ジャムの下にはクリームを塗っていますが、これもまだ試作中です。バタークリームが一般的ですが、最初は全卵のパータボンブ入りのバタークリームで試作しましたが、少し重く感じたので、写真のものはマスカルポーネを無糖で使いました。次回はカルピスバターで試してみたいと思っています。
もちろんジャムだけでもいいのですけどね!

Photo

デモンストレーションでは、ショートブレッドを。
基本材料はバター、砂糖、粉。というごくごくシンプルなお菓子です。
やや粉が多いので、こうやって形がピシッと決まる配合です。

こちらもシンプルがゆえに、試作難航しまして、、、。粉を変えたり塩の分量や使い方を変えたりしています。
でも、レシピさえ決まっていれば作るのはとっても簡単で、見た目もかわいいお菓子だなぁとおもいます。
こちらも粉を感じるお菓子なので、もちろん紅茶と相性がよいです!

レッスンに向けて、どこかで紅茶を買いたいな、と思っています。

レッスン募集日程
※4月1日もしくは2日の午前でも開催検討中です。

4月1日、4月2日 各9時半~13時 追加しました。

お問合せ、参加ご希望の方はこちらまでお問合せ下さい。
※日程にない平日でご希望の方はご相談下さい。
東京都世田谷区で開催します。
masa@sweet-caf.jp(下園)


|

« 3月のお菓子教室 | トップページ | 桜のパン・ド・ジェーヌ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/426396/69909817

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィクトリアサンドイッチケーキ&ショートブレッド レッスン:

« 3月のお菓子教室 | トップページ | 桜のパン・ド・ジェーヌ »