« さくらんぼのお菓子 ~キルシュクーヘン&クラフティ~ | トップページ | バスクのお菓子を メゾン・ダー二 »

6月のお菓子教室 後半

1

6月後半の新作レッスンはフォレノワールのロールケーキ。
私も大好きなフォレノワールをロール仕立てにしました。

ココア(ペック社のココアを使用。これがとても香りがよくて美味しい!)のロール生地に、ショコラのクレームディプロマット(クレーム・パティシエール+生クリーム)、フレッシュのアメリカンチェリー、グリオットのコンポートをまきます。

仕上げはアルザスのキルシュで香りを付けた生クリームを塗り、アメリカンチェリーとピスタチオでおめかし。
側面下の方には削ったショコラをつけました。

オレンジのロール以来のロールですが、やっぱり巻くときはドキドキですね。
皆さんきゃ~っと言いながら無事に巻き込めています!

写真のものは冷やし時間が足りなかったのでちょっと横に太っちょさんになっていますが、しっかり冷やしたり、トヨ型に入れて冷やせばくるんと丸くなりますね。

アメリカンチェリーの季節ももうあとすこし。
このお菓子で旬を満喫したいと思います。

■フォレノワールのロールケーキ
6/29(月)、7/1(水)9:00~13:00に空きがあります。

2

そして、今年も好評のペッシュドヴィーニュ(赤桃)のタルト。
普段食べる機会がほとんどないペッシュドヴィーニュですが、美しい赤い色と甘酸っぱい味がタルトにピッタリ。
サクサク軽いブリゼ生地にクレームダマンドを入れて、そしてたっぷりの赤桃とシュトロイゼルをのせてじっくり焼きます。

焼くと水分が凝縮し、更にぐっと味が深まります。

元々ペッシュドヴィーニュはぶどうの病気をいち早く知るためにぶどう畑に植えられていたというエピソードをもとに、赤ワインを使ったジュレを表面に塗りました。赤ワインだけだとちょっとお酒感がつよいので、フルーティーさをだすためにフランボワーズのピューレとブレンドしています。


11

このお菓子断面もとても美しいので、ほんと作る度にいつもうっとりしています。

■ペッシュドヴィーニュのタルト
6/30(火)13:00~17:00

そしてそして、来月7月レッスンのご案内、今日あたり送れるよう頑張ります~。
最近は平日レッスンも増えてきて、それに加え他のお仕事や育児で、案内が遅れがちですが、少々お待ちくださいませッ。どうぞよろしくお願いします!


|

« さくらんぼのお菓子 ~キルシュクーヘン&クラフティ~ | トップページ | バスクのお菓子を メゾン・ダー二 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月のお菓子教室 後半:

« さくらんぼのお菓子 ~キルシュクーヘン&クラフティ~ | トップページ | バスクのお菓子を メゾン・ダー二 »