« 3月~4月のいろいろ | トップページ | グラッシェル春・夏新作&ハイアットリージェンシーの春の新作 »

4月のお菓子教室案内

4月に入り、桜が満開になりましたが今度は冷え込んできましたね。
今の季節寒暖差が激しいので、体調を崩しやすい方も多いですが皆さんは大丈夫でしょうか?
私は疲れやすいものの(運動が必要ですね~)、元気に過ごしています。
いよいよ明日は復活祭ですね。私は今日もせっせとアニョー・パスカルの親子を焼いて準備しています!

さて、4月のお菓子教室の空き日程の案内です。
3月に開催した新作・アルザスレッスンも4月前半に開催します。正直どちらもとても美味しくできたと思っています。
どちらかというと、ロールケーキも発酵菓子もいままであまり取り組んでこなかった分野でしたが今回を機にとても興味がでてきました。

10
まずは、3月の新作レッスンだった「オレンジのロールケーキ」。
ジェノワーズ生地にオレンジのクレーム・ムースリーヌ(オレンジのカスタードにバターを加えたもの)を合わせたロールケーキです。オレンジの香りを強調するために、オレンジのコンサントレやオレンジのリキュールを加えてコクがありつつ爽やかな風味に仕上がっています。

巻く工程が緊張しますが、巻き始めをキュッときつめに巻くのがポイントですね。

作ってすぐのふんわり軽い感じも、しばらく冷蔵庫に入れてすこししまった感じのどちらの状態も美味しいなと思います。春の手土産にもおすすめのロールケーキです。

■オレンジのロールケーキ

■終了しました

...............................................................

8

今回最終回を迎えるアルザスレッスンでは、デモンストレーションでクグロフ、実習でタルトフランベを作ります。そしておやつは復活祭のお菓子アニョー・パスカル!

タルトフランベは、アルザスの郷土料理で、薄くのばした発酵生地にクリームを塗り玉ねぎとベーコンを散らして高温でさっと焼いた軽めの料理です。さっぱりしつつクリームのコクがあります。そこにベーコンと玉ねぎの旨味が加わり、アルザス・ワインと合わせると最高です!

実習では2枚お持ち帰りいただきます。

11

そしてデモンストレーションではクグロフを。
これは、アルザスの代表的な発酵菓子です。ブリオッシュの様に卵とバターが多いリッチな味わいの生地にレーズンとオレンジピールを入れています。生イーストで風味よくしあげます。
バターがたっぷりなのでしっかりとグルテンを出すこと、生地温度をあげないことが重要です。

フランスで買った陶器のクグロフ型を使って焼きます。熱がじんわり伝わることと型に少しずつバターが馴染んでくるとより美味しくなるのが陶器のいいところですね。

9
おまけとして、復活祭のお菓子アニョー・パスカルをおつけします。
アルザスで復活祭の時期に登場する羊型の焼き菓子です。これも陶器で作るのが特徴。
私は大小サイズを持っているので、いつも親子的な感じで焼いています。通常はビスキュイ生地ですが、こちらは共立てでバターもいれているジェノワーズのような生地です。レモンとバニラの香りをプラスして春らしい味に仕上げています。

切り分けるのが可愛そうですが・・皆さんでいただきましょう。
■タルトフランベ&クグロフ

■日程 終了しました


...............................................................


12


毎年リピーターもいる人気のお菓子フレジェ。春の訪れを感じるフランスの伝統的なお菓子です。
アーモンドの豊かな味わいを感じるビスキュイにアルザス産のキルシュをたっぷりとしみこませ、なめらかでコクのあるクリームをサンド。最後フランボワーズのジュレで華やかに仕上げます。側面には苺の美しい断面が並び、その姿にうっとりします。
手間のかかるお菓子ですが、春の季節には必ず作りたくなるとても美味しいお菓子です。

■フレジェ

■日程 4/12(日)13:15~17:00、4/15(水)13:15~17:00

...............................................................

14

春になるとピスタチオのタルトが食べたくなりませんか?
ナッツの中でも独特の色と香りを持つピスタチオ。 そのピスタチオのクレームダマンドとグレープフルーツを組み合わせた 爽やかな焼きっぱなしのタルトです。

ピスタチオは香ばしい風味と濃厚でナチュラルな味わいのイタリアBABBIのピスタチオペーストを使用。
仕上げには自家製アプリコットのコンフィチュールをたっぷり塗って。時間をおくとアプリコットの甘みがグレープフルーツに染みこんでほどよい美味しさに。

ピスタチオとほろ苦いグレープフルーツの相性、そしてタルトのサクっと 軽い歯ざわりを楽しめる色合いも春を感じるタルトです。

■ピスタチオとグレープフルーツのタルト

■日程 4/10(金)10・00~14:00、4/11(土)9:00~13:00、4/12(日)9:00~13:00

...............................................................
15

トマトとコンテチーズが美味しいキッシュです。(写真はキッシュ・ロレーヌです。見た目は似ているので参考までに。)
トマトをブーケガルニなどで風味付けして煮詰めて、香ばしく炒めたシャンピニオン(マッシュルーム)、コンテチーズと共に、チーズ香る生地に流して焼いたキッシュです。

土台の生地は、毎回好評のチーズとアーモンド香るザクッと香ばしいブリゼ生地です。
トマトの酸味がとっても美味しく、私も大好きなキッシュです。

コンテチーズといえば、今年の夏のお菓子ツアーではアルザス&フランシュ=コンテ地方を訪れます。
コンテチーズの故郷がフランシュ=コンテ地方なので、これまた楽しみです。

■クルスタッド・トリアノン

■日程 4/22(水)、4/29(水)、5/2(土) 13:15~17:00
     5/3(日) 9:00~13:00…追加しました!

...............................................................
新作は写真なしですが、試作が進んだら紹介しますね!

春はいろんな柑橘類が登場してくるので、その中の1つ「甘夏」を使ったパウンドケーキを作ります。
オレンジとは異なるほろ苦さが魅力の甘夏の香りと味わいをギュッと閉じ込めた季節感あふれるパウンドケーキを目指します。明るく爽やかな春の手土産スイーツとしても活躍するような仕上がりにしたいと思います。

■ケイク・アマナツ

■日程 4/22(水)、5/2(土) 時間は9:00~13:00 
※5/3(日)13:15~17:00…追加しました!

|

« 3月~4月のいろいろ | トップページ | グラッシェル春・夏新作&ハイアットリージェンシーの春の新作 »

地方菓子お菓子教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/426396/59523350

この記事へのトラックバック一覧です: 4月のお菓子教室案内:

« 3月~4月のいろいろ | トップページ | グラッシェル春・夏新作&ハイアットリージェンシーの春の新作 »