« あけましておめでとうございます&1月レッスン | トップページ | カンプリニスイーツフェア/ブルターニュレポート/オリンパスのスイーツイベント »

2月のレッスンやショコラなど。

7


お久しぶりのブログです。
実は今年初の更新ですね。遅くなりましたが皆さん今年もどうぞよろしくお願いします。

2月に入りいよいよスイーツ業界はバレンタインに向けてのイベントが始まってきていますね。
先日新宿で行われたサロン・デュ・ショコラ東京でも、大勢のショコラファンが集ってものすごい熱気でしたね。
私はプレスプレビューの日に伺いましたが、その日は伊勢丹の会員さんが買い物できる日でした。それだけでも、すぐにあちこちに行列が。。

ちょっとびっくりしつつも、どうにか何種類かのショコラを無事購入できました。
あまり買い過ぎないように、少しずつ。ですね。
写真はその一部(大体半分くらいかな。)ですが、バスクのタブレットやボレロさんのボンボン、パリにお店をだしたモリヨシダのボンボン、ドモーリのコーヒー入リボンボンなど。もちろん全部ジブンチョコ。少しずつ大切に頂きたいと思います。

来週は日本橋三越でのバレンタインイベントや渋谷ヒカリエのバレンタインプレス会におじゃましたいと思っています。
サロン・デュ・ショコラは、どちらかというと本格派且つ自分チョコ。という要素が強いのですが、これからがバレンタイン本番ですね。世間一般のバレンタインチョコをじっくりと見て行きたいと思います。

そして、遅くなりましたが2月のレッスン案内です。
2月は寒い時期なので、ナッツやショコラを使ったもの、そして冬のフルーツ金柑を使ったお菓子をご紹介。
ご参加希望の方は(はじめての方も歓迎ですよ。東京世田谷で開催です)、ご連絡くださいませ。
masa@sweet-cafe.jp(下園まで)

1

【ダックワーズ】
アーモンドをたっぷり使ったサクッふわっの食感が魅力のダックワーズ。
専用の小判型ではなく、絞り袋を使って小さくころんとしたかわいい形に仕上げます。
定番のプラリネバタークリーム+もう1種を考えてます(柑橘予定)

■日程 3/4(水)の午前もしくは午後に追加
--------------------------------------------
5
【コーヒーとくるみのタルト】

さっくり軽いパートシュクレの生地ににラム酒の香りを加えたアーモンドのクリーム、そしてコーヒーとキャラメルのほろ苦い味をまとったフランス産のくるみをたっぷりと重ねて焼きこみます。

くるみの甘い風味とキャラメルのほろ苦さ、コーヒーの大人っぽい味があわさったシンプルだけど美味しいタルトです。「家でもつくりました!」という声の多いお菓子の1つです。

■日程 2/7(土)、2/18(水)各日午前(9:00~13:00)
--------------------------------------------

2
【ガレット・デ・ロワ】
1月のエピファニーのお菓子ですが、1月に作るタイミングが合わなかった!という方のために2月も登場です。
まだ寒い2月なら来年に向けての練習にもなりますので、是非一度作ってみませんか?

もちろん可愛いフェーブと金色の王冠もお付けします!
「ちょっと難しそう…」と思っている方も多いのですが、意外に初めて作った人も上手に美味しくできるお菓子です。
以前レッスンで作ったという方も、また今年トライしたい方は是非!

※実習で作ったフィユタージュはお持ち帰り頂けます。

■日程 2/11(水)午後(13:15~17:00)
--------------------------------------------
3
【コンベルサシオン】
フランスの古典的なお菓子で「会話」を意味するコンベルサシオン。
ポンポネットという可愛い小さな型で焼くお菓子の1つです。

表面にパイ生地を格子状につけて模様をつけます。
それが手の指でばってんを作るジェスチャーが「会話」を表すことに由来するという説があります。

周りがフィユタージュ、中はクレーム・ダマンドというシンプルな構成です。
表面にグラスロワイヤルを塗ることでザクッとした食感になるのが特徴です。焼きたてならではの食感と香りを味わって欲しいお菓子です。

■日程 2/14(土)午後(13:15~17:00)
--------------------------------------------
4
【ザッハトルテ】

ウィーンの代表的なお菓子「ザッハトルテ」。
チョコを練り込んだ生地にアプリコットジャムをコーティングし、表面にグラズールというチョコとシロップを合わせ、再結晶化を促した液体を流して仕上げるお菓子です。再結晶がうまくいくと“シャリッ”とした食感がうまれ、それが美味しさにつながります。この上掛けが難しいのですが、しっかり結晶化させるポイントをご紹介したいと思います。

ふんわり軽く泡立てた生クリームと一緒にいただきましょう!バレンタインの贈りものにおピッタリ。

■日程 2/14(土)午前(9:00~13:00)

--------------------------------------------
【2月 新作アルザスレッスン】ボベス

フランスアルザス地方やドイツで親しまれている焼き菓子です。
シュクレ生地でレーズンやオレンジピール、ナッツ類をロール状に巻き込み、表面にシュトロイゼルを散らして焼いた焼き菓子です。香ばしい風味とドライフルーツの凝縮された味がしみじみ美味しいお菓子です。

■日程 3/3(火)午前(9:00~13:00)追加しました。

--------------------------------------------
8


【2月新作レッスン】金柑とごまのタルト

サクサク軽いブリゼ生地に、アーモンドのクリーム、金柑のコンポート、そして最後にたっぷりの白ゴマ。
「金柑とゴマ?」と驚かれる方も多いのですが、これがすごく合うのです!香ばしいゴマに金柑のほろ苦い味わいがマッチします。
※写真は金柑のコンポートです。

■日程 2/25(水)、2/22(土)各日午後(13:15~17:00)、3/4(水)の午前もしくは午後に追加

|

« あけましておめでとうございます&1月レッスン | トップページ | カンプリニスイーツフェア/ブルターニュレポート/オリンパスのスイーツイベント »

地方菓子お菓子教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/426396/58750060

この記事へのトラックバック一覧です: 2月のレッスンやショコラなど。:

« あけましておめでとうございます&1月レッスン | トップページ | カンプリニスイーツフェア/ブルターニュレポート/オリンパスのスイーツイベント »