« パリお菓子研修旅行のご案内 | トップページ | スペインのクリスマス菓子 »

パン・ド・ジェーヌ・オ・マロンをクリスマス仕上げで

13


もうすぐ12月。
クリスマスも近づいてきましたね。
今年のアドヴェントは12/1ということで、せっせとシュトーレンも作っています!
少しずつ切り分けて食べるはずが、結構なハイペースで食べてしまうのは、なぜだろう(笑)

シュトーレンレッスンでは、ヴァン・ショーとスペキュロスも試食でお出ししています。
ヴァン・ショーのスパイシーでフルーティーな香り、そしてスペキュロスのカリカリっとした食感とスパイスの風味が、ノエル気分を高めてくれます。

さて、来月レッスンの空きがわかりましたのでご案内します。
写真のパン・ド・ジェーヌ・オ・マロン。
栗のペーストを練り込んだパン・ド・ジェーヌにイタリア産の栗を散りばめたお菓子です。
焼き上がりラムをうって、すこしだけ大人っぽいイメージに。
※写真のものは、シロップをうっていないので明るい焼き色ですが、実物はもう少し焼き色が濃くみえます。

クリスマス月間ということで、シンプルですがクリスマス仕様に仕上げます!
私のお気に入りのちょっと怪しげな目つきの小人と、柊とMerry Xmasで。

現在の空き日程はこちらの通りです。
12/4(水)9:30~13:00


ご希望の方はご連絡下さいませ。
masa@sweet-cafe.jp
(下園)

12/26以降年末のレッスンについてご希望の方はご相談下さい。
2名以上集まれば開催検討します。
個人レッスンも可能ですが追加料金があります。こちらは個々にご連絡させていただきます。

|

« パリお菓子研修旅行のご案内 | トップページ | スペインのクリスマス菓子 »

地方菓子お菓子教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/426396/54070698

この記事へのトラックバック一覧です: パン・ド・ジェーヌ・オ・マロンをクリスマス仕上げで:

« パリお菓子研修旅行のご案内 | トップページ | スペインのクリスマス菓子 »