« ローズマリーのサブレ | トップページ | アカシエ サロン 3周年記念デセール »

6月のレッスン空き日程

今月のレッスンの空き日程ご案内です。
キャンセルがでたり、新規日程を追加したりとやや変動があったので最新の空き情報をご紹介しますね。

参加ご希望の方、お問い合わせはmasa@sweet-cafe.jp(下園)までご連絡下さい。
お菓子作り初めての方も歓迎です。
5

■タルト・オ・スリーズ
久々に登場するのがこちらのお菓子。
旬のフルーツアメリカンチェリーをマリネしてタルトに焼きこんだお菓子です。
シュクレ生地は以前アルザスのフェルベールさんに教わったものを参考に、ノワゼット(ヘーゼルナッツ)のプラリネ入り。香ばしくてコクがあります。

仕上げは、写真はアーモンドスライスを使っていますが、シュトロイゼルに変更するかも?しれません。

甘くてジューシーなチェリーと、焼きこんだ生地の美味しさを満喫できるタルトです。
 
6/19(水)13:00~17:00
6/23(土)9:00~12:00 1名キャンセルがでました
6/26(水)13:15~17:00
6/29(土)15:00~19:00 追加日程です

2_2

■ケーク・オ・ジャンジャンブル
爽やかな新生姜のコンフィを混ぜ込んだ初夏にピッタリのパウンドです。
ほんのり蜂蜜の風味が後からふわっと香り、新生姜のぴりっとした爽やかな辛味が、ちょっぴり大人な味。

仕上げにはレモングラスをパウダー状にしたアイシングをかけます。
生姜とレモングラスの組み合わせがエキゾチックな雰囲気。
私のお気に入りレシピのひとつです。

6/8(土)、6/15(土)各9:00~13:00


4

■夏のガトー・バスク

レッスンでも人気の高いお菓子ガトー・バスク。フランス南西部バスク地方の郷土菓子です。

そのガトー・バスクを夏でも美味しく食べられる様にとアレンジしたのがこのお菓子。
ココナツの生地に、酸味がきいたパッションのクリーム。
そこにあわせるのはトロピカルフルーツのマンゴー、パイン、バナナ。

南国でのバカンスを思い起こさせるような、そんなガトー・バスクをイメージしました。

6/8(土)、6/9(日)、6/12(水) 各日 13:15~17:00

4_2

■ケーク・オ・ココ

初夏にマスターして暑い夏に作りたいココナツが主役のパウンドです。
ココナツとバニラの甘い香りの生地にパインやバナナを混ぜ込んだトロピカルな味に仕上げます。

ココナツの甘い香りに酸味のあるフルーツがアクセントになって暑い夏でもつい食べたくなるようなパウンドを作ります。

※写真は試作用で小さなキューブ型で焼いています。本番はおそらく細長いパウンドになると思います。
 
6/26(水) 9:00~13:00

|

« ローズマリーのサブレ | トップページ | アカシエ サロン 3周年記念デセール »

地方菓子お菓子教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/426396/51759824

この記事へのトラックバック一覧です: 6月のレッスン空き日程:

« ローズマリーのサブレ | トップページ | アカシエ サロン 3周年記念デセール »