« 2013年1月のお菓子教室 | トップページ | Cake aux Yuzu 柚子のパウンドケーキ »

ガレット・デ・ロワ 2013

1

寒い日が続きますが、ガレット・デ・ロワの季節ですね!
今年のレッスンでもガレット・デ・ロワをせっせと焼いています。
今日が最終日でしたが、毎回焼くのが楽しみなお菓子です。

2

こちらは先日レッスンで生徒さんが作ったガレット・デ・ロワ。
みんな模様が違って、面白い!

葉っぱ、麦の穂、太陽の3種類です。
それぞれ個性があって素敵ですね。

しかも初めて作ったとは思えない出来上がりです。

ガレット・デ・ロワ、買うお菓子だと思っていた方も、自分で作ってみて「作れるんだ!」と改めて実感いただけた方もいてとても嬉しいです。
お店で買うのも美味しいし興味深いですが、自分でつくると食べるのがより一層楽しくなりますね。


3
今年は、結構控えめにしているつもりですが、先日友人とガレット・デ・ロワを3種類頂きました。
一番大きいのが滋賀のドゥブルベボレロ(プレーン)、ココア生地のものが中目黒のサンドイッチ専門店シャポードパイユ(ココア生地にさつまいものペースト)。
小さいものがイル・プルー(プレーン)。
それぞれフィユタージュの感じが中のクリームも違ってあきがこない美味しさでした。


5

特に好きなのがドゥブルベボレロさんのもの。
ここ何年か続けて食べています。

個人的にガレット・デ・ロワで、何度も食べたいのはボレロ、カー・ヴァンソン、京都のラ・パンセ。
ボレロのものは今週末まで取り寄せもできるので気になる方はこの機会に是非。

しっかり香ばしく焼かれたフィユタージュと、ビター感がつよいクレーム・ダマンドで、メリハリがしっかり効いたガレット・デ・ロワです。こちらはプレーンですがマロンもおすすめです。


4
なんとフェーブが当たりました!
女の子がプレゼントをあけようとしている可愛らしいフェーブです。
滅多にフェーブ当たらない方としては嬉しい限り!

今年はもうたべないかなぁ。と思っていますが、一体どうかしら。
もう来週からはサロン・デュ・ショコラで、ショコラシーズン真っ盛りですものね(汗)

.

|

« 2013年1月のお菓子教室 | トップページ | Cake aux Yuzu 柚子のパウンドケーキ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガレット・デ・ロワ 2013:

« 2013年1月のお菓子教室 | トップページ | Cake aux Yuzu 柚子のパウンドケーキ »