« ハワイアンパンケーキ 「カフェカイラ」7/1オープン! | トップページ | 夏はココナツのお菓子 »

ア・ポワンのこと。

1


昨日たくさんのファンに惜しまれながら20年近くの歴史に幕を閉じた西八王子のパティスリー「ア・ポワン」。

私のお菓子人生の中で最も影響を受けたのがア・ポワンの岡田シェフでした。

大学生の頃、まだフランス菓子がどういうものかよくわかってないながらに お菓子の道に進むか悩んでいた頃に出会ったお店でした。 初めて食べたア・ポワンの心にじんわりと届く温かい味わいのお菓子は 私の心に大きく響きました。

岡田シェフのお菓子に対する情熱と哲学、そして深い愛情とともに自己に対する厳しさ。 そんなシェフをずっと尊敬していました。

2009年、ちょうど私がアルザスに初めて訪れた年。
もちろん岡田シェフの影響でアルザスに興味をもち、そして岡田シェフが修業した ジャックを訪れたいと思って企画した旅行でした。

アルザスの魅力、そしてジャックの素晴らしさを実際に感じることがで 本当に素晴らしい経験でした。

その年に、シェフが倒れたとうかがいました。 でも現実を知るのが怖くてなにも聞けずにいました。 いつか良くなってくれることを願っていたのですが。

それもかなわず2012年6月30日で閉店となってしまいました。

大切な人や大切なお店は、ずっとそばにいてくれるわけではないのはわかっていても いざその時がくると、心が苦しく何も言えなくなってしまいます。

今はただただ、岡田シェフ、ア・ポワンのスタッフの皆さんに感謝して、今後岡田シェフの体調が少しでも良くなるように願うばかりです。

|

« ハワイアンパンケーキ 「カフェカイラ」7/1オープン! | トップページ | 夏はココナツのお菓子 »

パティスリー 東京都」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ア・ポワンのこと。:

« ハワイアンパンケーキ 「カフェカイラ」7/1オープン! | トップページ | 夏はココナツのお菓子 »