« リリエンベルグのサロンで夏のお菓子を。 | トップページ | 関西土産 パティスリー・エスとグラン・ヴァニーユ »

リリエンベルグ 持ち帰ったお菓子たち

1

今回は久々のリリエンベルグ訪問だったので、いろいろあれこれ食べたい。
ベーシックなお菓子と季節のお菓子をえらびました。

まずはロールケーキとフロマージュ・デ・テ。
ロールケーキはふんわりソフトな生地に、クレームシャンティーとクレームパティシエール入り。
これは、皆好きなあじですね。

フロマージュ・デ・テは、土台が薄いシュクレ生地にスポンジ生地を重ね、その上にチーズの生地。
シャンティークリームにパッションソースとブルーベリー。
全体的に穏やかな優しい味です。

2

そして、フルーツを使った旬のお菓子。
桃のパイと杏のタルトです。

桃のパイはこの時期の名物ですよね!
桃をたっぷりと食べられる贅沢なお菓子です。
パイ生地は桃を活かすべく、焼き過ぎないところがうれしい。

杏のタルトは、自家製杏のコンポートを使ったタルト。
タルトにはクレームフランジパーヌかな。かなりソフトでみずみずしいクレーム。
そこにクレーム・パティシエールとたっぷりの杏!

やはり日本のフルーツは焼き込みより、フレッシュのものを使った方が美味しいなぁ。
そういえば、私はお菓子の世界に入り始めた当時は、こういうタルトが好きだったんですよね。
それを思い起こさせてくれるタルトでした。


3
焼き菓子は、幸せを呼ぶふくろうとギプフェル。
ふくろうのサブレはココナツ風味のチョコをサンドしています。
ふくろうの模様もはっきり出ていてかわいいですね。

特注の型なのでしょうが、私もこういうの欲しいな。アルザスモチーフのものがほしい!

5

そして新生姜のパウンド。
生姜ものには敏感なのでつい手に取ってしまいました。

ちょっと珍しく白手亡豆を組み合わせたパウンドで、とてもしっとり上品な味。
小麦粉を使っているのですが、米粉と使っているかのような風味もしました。
生姜はそれほど強くつかっておらず、ほのかなアクセント。お豆の柔らかい甘みが和風な味をだしてます。

リリエンベルグのお菓子はやっぱりどれも一つ一つ丁寧で愛情が込められているのが伝わってきます。
あともう1種日向夏のクグロフを温存しているので、明日食べたいと思います!たのしみ。

|

« リリエンベルグのサロンで夏のお菓子を。 | トップページ | 関西土産 パティスリー・エスとグラン・ヴァニーユ »

パティスリー 神奈川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リリエンベルグ 持ち帰ったお菓子たち:

« リリエンベルグのサロンで夏のお菓子を。 | トップページ | 関西土産 パティスリー・エスとグラン・ヴァニーユ »