« パナデリア ショコラパーティー2011 | トップページ | 2月最後の日はレトルダムールとトシ・ヨロイヅカ »

ビストロ トロワ・キャール

今日は2月28日。もう2月も終わりですね。

昨日はお菓子教室Paris-Alsaceも最終回で無事終了しました。
フォレ・ノワール好きが高じて、思いついたお菓子ですが個人的に大好きなお菓子になりました。
またブラッシュアップして来年あたりにも再登場させたいと思います。

大好きなお菓子フォレ・ノワールを今後も他のお菓子でアレンジしてみたいですね。
今までにはビュッシュ・ド・ノエル、クグロフ、ケークで作ってきました。今度はサブレ系やグラス、タルトなどで応用してみたいですね。

今月の教室が終わったかと思うと、もう来月はすぐそこ。
来月は一足お先に4月のお菓子「ポワソン・ダブリル」を作ります!

後半ではピスタチオのタルト。
こちらも試作をスタートしています。
爽やかな風味を感じさせるよう仕上げる予定です。


お菓子教室を通じて日々作ることの難しさと楽しさを感じています。
それからやっぱり参加してくださる皆さんからもいろんなことを勉強させていただいてとても有り難い限りです。

そして、自分のお菓子だけではなくいろんな食を知りたい、食べたいという好奇心も相変わらずです。

最近はつい先日友人と松陰神社前のビストロ「トロワ・キャール 3/4」に行ってきました。
実はツイッターを通じてシェフの木下さんとお知り合いになり、いつか行きたいなと思っていたのです。
偶然にも友人も行ってみたかったお店とのことで、ディナーに行ってきました。

木下シェフそしてマダム(マダムも料理人!)、サーヴィスの上野さんの3人があたたかく迎えてくださいました。
シェフの目の前カウンター席で、お料理を作るのを見ながらいろんな食材や料理、そして仕事の話などしながら3時間くらいかけて食事をしました。

505
毎日焼いているという自家製パンとアミューズ。
パンは3種類ほど焼いていて北海道産の粉を使った優しい風味のものでどんな食事にもあうタイプ。

600


写真は前菜盛り合わせ。パテやハム、サーモンなどちょっとずついただけるのが嬉しい。
これだけでもワインが進みます。写真以上のボリューム感があってどれも美味しい。特に霧島豚のハムが好き。蝦夷鹿入のパテもいいー。

501

メインは牛頬肉の赤ワイン煮。
クラシカルなフランス料理ですが、ほろほろと崩れてゆくとっても柔らかい食感。
あ、これがお箸で食べられる柔らかさってやつよね。と頭の中で思っちゃいました。

定番のお料理ですがとっても美味しいのでお薦めのメイン料理です。

(でも他にもたべてみたいものもたーくさんあるのです。次回は豚系か鴨のコンフィかな。)


503


デセールはマダム担当。
この日は金柑のスフレ(シェフのご実家の金柑)。
ラムレーズンのアイスと金柑のコンフィチュールを添えて。


やはり何より料理人の顔をみながら食べるお料理はとても美味しいものですね。
もちろんそれはシェフのお人柄もあってのことですが。

お店では今後パテなどのシャルキュトリーやマダムの焼き菓子なども販売したいとのことですので、そちらも今後楽しみです。

またゆっくりとお食事しに行きたいお店が近所に(近所といっても少し離れていますが。。)1つ増えとっても嬉しい限りです。

..........

明日はスイーツDAY
アコテパティスリー、レトルダムール、トシヨロイヅカに行ってきます。
それぞれ個性的なパティスリーですね。
きっとお菓子も少しずつ春を感じさせるものが増えてきているのでしょうね。

3月は一時帰省するので、少し慌ただしくなりそうですがあまりサボりすぎないよう(←ツイッターとかfacebookやってるとすぐに時間が経って仕事が進まない…)頑張りたいと思います!

アルザス・ロレーヌツアーのお問い合わせや資料請求のご連絡も引き続きお待ちしていますね。
また一緒にお菓子を語り合える新たな出会いを本当に楽しみにしています。

|

« パナデリア ショコラパーティー2011 | トップページ | 2月最後の日はレトルダムールとトシ・ヨロイヅカ »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/426396/39043724

この記事へのトラックバック一覧です: ビストロ トロワ・キャール:

« パナデリア ショコラパーティー2011 | トップページ | 2月最後の日はレトルダムールとトシ・ヨロイヅカ »