« 明けましておめでとうございます! | トップページ | スイーツプリーズコラボ講習会 興野シェフ、菅又シェフ、橋本シェフ »

ケーク。

贈り物にもおやつとしても昔から定番の焼き菓子「ケーク」。

シンプルなお菓子ですが、素材の組み合わせや製法でいろんなバリエーションを作れるので食べるのも作るのも楽しいお菓子です。日持ちするお菓子なので、パティスリーに行くとたいてい必ずチェックします。
パリセヴェイユのお菓子教室でもケークがテーマだと俄然やる気(自分でもつくってみようという)が出てきちゃいます。


そんなわけで最近食べたケークをいろいろと紹介します。
300

まずはケークといえば定番中の定番フルーツケーキ。
こちらはオーボンヴュータンのケーク・アングレのハーフサイズ。
(いただき物です。こんな素敵な差し入れありがとうございます!)


301

表面にはプルーンとドレンチェリー。チェリーの赤がポイントになって可愛いですね。
よくみると型に敷いている紙はオーボンヴュータンオリジナルのものでした!

302

たっぷりのドライフルーツ入り。フルーツの水分や香りが生地に移っていて、カットすると同時にふわ~っといい香りが広がります。しっとりほろっとした食感で、濃厚な味わいでした。

303

こちらは三鷹のコティ。
最新号の料理通信でも大きく取り上げられていましたね。
最近いろんな雑誌に取り上げられているのでご存じの方も多いかな。
三鷹の商店街にある小さな焼き菓子屋さんです。

フルーツケーキはかなりしっかり火入りしているのでしっとり食感の中にも香ばしさを感じます。
レーズン中心のドライフルーツ入り。
コクと深みがあるパウンドでした。熟成したような風味が印象的。

304
アルザスのGILGで購入したケーク。
カット包装済みのケークは日本では当たり前ですが、フランスではあまり見かけないような。

こういうタイプは焼き立ての風味は味わえないけど、いろんな種類を食べられるのが嬉しいですね。

シトロン、ショコラ、マーブル、フリュイの4種を購入。
どれもしっとり感と粉の風味をいかしたタイプのケーク。
定番の味ということもあり、比較的皆に好まれそうな優しい味でした。


305

最後、アルザスでよく見かける焼き菓子ケーク・エコセです。
本来は上面が波打った「レーリュッケン」という型で焼きますが、今回アルザスつながりということもありクグロフ型で焼きました。

外側はココアのダックワーズ生地、内側はアーモンドたっぷりのしっとり濃厚な生地。
アーモンドをたっぷり使っているのでとてもリッチな味わいです。今回はオレンジピールとグランマルニエを加えてオレンジの香りと味を加えました。

2層の生地が重なり合っているのが特徴で、味や香り、食感を2種類同時に味わえるのが嬉しいですね。

アルザスではネゲルのケーク・エコセがとても美味しかったです。
また食べたいですね。


やっぱりケークは面白い!
シンプルな形の中に様々な工夫のしがいがあるお菓子です。


............
明日は今年初のイル・プルーに行ってきます。
何かランチを食べたいなぁともくろんでいます。

ピザが好きなのですが、キッシュも捨てがたく。。

とりあえずいってから悩んでみます!

|

« 明けましておめでとうございます! | トップページ | スイーツプリーズコラボ講習会 興野シェフ、菅又シェフ、橋本シェフ »

パティスリー 東京都」カテゴリの記事

フランス地方菓子」カテゴリの記事

地方菓子お菓子教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/426396/38454763

この記事へのトラックバック一覧です: ケーク。:

« 明けましておめでとうございます! | トップページ | スイーツプリーズコラボ講習会 興野シェフ、菅又シェフ、橋本シェフ »