« フジウのコンフィズリーギフト! | トップページ | 階段上のビストロ -レスカリエ- »

Poisson d'avril ポワソン・ダブリル

1

ちょっと早いですが、ポワソン・ダブリルを作りました。
次回お教室に向けての試作です。

ポワソン・ダブリルは4月の魚という意味。
4/1エイプリルフールの日に、フランスでは(ヨーロッパの他の国はどうなのかしら?)魚のモチーフのお菓子が並びます。特にチョコが多いでしょうか。
それから、お料理でパイにフィリングを詰めたものもあります。

この日は、人の背中に魚を描いた絵をくっつけたり。ちょっといたずらっぽい要素のあるイベントです。
いろいろ由来はあるそうですがall aboutで洋菓子ガイドの下井さんが詳しく紹介しています。


ここ数年、都内のパティスリーでは魚型のフィユタージュにカスタードクリームと苺を飾ったお菓子が4/1前後に期間限定で登場することが多くなりましたよね。

あまりフランスではこのタイプ見かけないような気がするのですが、日本人の好みに合っていることや、この時期苺がおいしいので、日本ではこのタイプが主流になってきているのかな?などと思います。

私もここ何年か、必ず4月になると食べていましたが、いざ作るとなると何かと迷うポイントがあったりしました…。
まずは、形!

今回はかなりデフォルメしてかつカットしやすいよう丸くしましたが、○に尻尾が付いているだけで、あまり魚っぽくない。。
次回はもっと魚っぽい形にする予定!


そして、今回は薄くスライスしたスポンジを敷いてその上にクレーム・ディプロマート(カスタードに生クリームを加えたもの)を重ねましたが、全体的に味が淡い。
最近どうも、しっかり味に慣れているせいか、ちょっと物足りない…。

スポンジをビスキュイザマンドに置き換えるか、もしくはクレーム・ダマンドを絞って焼くか~…。

お教室なので、時間の制約があるなか、どんな方法がいいのかこれから試行錯誤です。

それにしても久々の生菓子教室。
やっぱりベリー系は見た目に華やかですね!

お教室日程3月下旬を予定しています。
また詳しくは後日!

............................

今、魚の型紙製作中です。
本来サバということで横長がいいのでしょうが、
私はふっくらかわいい熱帯魚っぽい感じにしようと思案中。

なかなか尾びれのデザインがしっくりこなく。。何度も書き直しています。
こういう魚の形にも、センスが表れるなぁ。

今年はパティスリーのポワソン食べられるかなぁ…?

|

« フジウのコンフィズリーギフト! | トップページ | 階段上のビストロ -レスカリエ- »

地方菓子お菓子教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/426396/33620094

この記事へのトラックバック一覧です: Poisson d'avril ポワソン・ダブリル:

« フジウのコンフィズリーギフト! | トップページ | 階段上のビストロ -レスカリエ- »