« 俺ガーナ -ハンバーグとチョコレートのコラボ!!-  | トップページ | アルザスお菓子紀行 Kubler »

フランス ブルターニュ地方 お菓子をテーマにめぐる旅のご案内

昨年、フランスアルザス地方をめぐる旅を行いましたが、今年もお菓子をテーマにしたツアーを企画しました。

今年の行先は「ブルターニュ地方」!

フランス菓子が好きなら絶対はずせない地方ですよね。
ブルターニュは、自然の恵みを味わえる食の魅力がとても多いところです。

ブルターニュの食は日本人にも合うのでしょうね。日本でも食べられるものがとても多いです。
まずは、ゲランド塩、そば粉のガレット、クイニーアマン、ガレット・ブルトンヌ、ファー・ブルトン、りんごのお酒シードル。そして海に囲まれた地域ということで、海の幸も豊富。

今回のツアーでももちろんお菓子をメインにしています!
ブルターニュ各地でのパティスリー巡り、そしてお菓子のデモンストレーション研修も予定しています。

まずは、レンヌのル・ダニエル(MOF)では、スペシャリテのアントルメとブルターニュの焼き菓子2種を教えてもらいます。そして、アンリ・ルルーではキャラメルのデモンストレーションを!(フレーバーは未定)

現地の厨房に入れること自体貴重ですし、素材や製法を目の当たりにできるとてもいい機会です!もちろん直接質問もできます。(添乗員さんに通訳してもらえます。)


そして、と~ってもおいしいバターで伊勢丹のフランス展でもおなじみのジャン=イヴ・ボルディエさんのお店や、ボルディエさんのバターを使ったお菓子を作っているパティスリー「グラン・ド・バニーユ」にも訪れます。

その他にも、ビストロ「シャトー・リシュー」、フェルム・オーベルジュ(農家が経営するオーベルジュ)のレストラン、シードル博物館、レンヌの朝市(地元の特産物がいっぱい!)など、ここでは紹介しきれないくらいの数々の魅力ある土地を巡ります。


そして最後の1泊はパリに泊まります!(ブルターニュからパリまでTGVで移動します!)
パリでは、一日かけてパティスリー、ブーランジェリー、製菓道具店などをめぐります。
1年の中でもとても日が長い時期に行きますので、1日めいいっぱい活用して充実した時間を過ごせることと思います。


またツアー詳細については、改めてHPでも詳しく紹介予定ですが、今回のツアー資料が完成いたしましたので送付ご希望の方はご住所とお名前を記載して、masa@sweet-cafe(下園)までメールを送ってくださいね。

なおツアー日程は7/2(金)成田発-7/9(金)成田着の6泊8日です。

|

« 俺ガーナ -ハンバーグとチョコレートのコラボ!!-  | トップページ | アルザスお菓子紀行 Kubler »

ブルターニュ-パリツアー」カテゴリの記事

コメント

行きたい!行けない!悔しい~!
頑張って、働いて、いつか行きたいですね。
当分は、masa さんのレポートで我慢、我慢^^。
老後の夢は、「フランスボチボチ紀行」です^^。

投稿: ふりあんオーナー | 2010年1月25日 (月) 10時14分

ふりあんオーナーさま>
こんにちは!
フランスってお菓子に限らず食に携わる者にとって本当に魅力的な国ですよね。何度でも行きたい、できれば生活してみたい!と思えるくらい。

私はまだまだその魅力のほんの一部しか触れていないんだろうな。。と思います。これからもチャンスがある限りフランスへ渡りたいと思います!

投稿: masa | 2010年1月25日 (月) 22時55分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランス ブルターニュ地方 お菓子をテーマにめぐる旅のご案内:

« 俺ガーナ -ハンバーグとチョコレートのコラボ!!-  | トップページ | アルザスお菓子紀行 Kubler »