« パリセヴェイユ11月のお菓子教室 | トップページ | スイーツSweets アルチザン・テラの永井シェフ出ます! »

エシレ・メゾン・デュ・ブールのマドレーヌetフィナンシェ

1


先日丸の内のエシレ・メゾン・デュ・ブールに行ってきました。
オープンしてしばらくは行列が絶えず、すぐにクロワッサンは売り切れ!と聞いていましたが、いまだクロワッサンはすぐになくなるよう(もともと作る数も少ないみたいですね。)

ということで、今回も売り切れてました。

今回はマドレーヌとフィナンシェを購入しました。
2

こちらのマドレーヌは焼き色が濃いのが特徴ですよね~。高温で短時間焼いているんでしょうが、これだけの焼き色のマドレーヌはあまり見かけないです。配合も上品なマドレーヌというよりは、力強い味が出るようにしているような気がします。


マドレーヌとフィナンシェはもちろんエシレバターを使用しているので若干高め。各315円です。
焼きたての香ばしさとコクがありもちろんおいしいのですが、値段との兼ね合いを考えるとなかなか自宅用にはリピートするのはハードルが高いですが、差し入れスイーツとしては、話題性、気軽に食べられる感じがよいですね。


今年のクリスマスには、ビュッシュドノエルを出すようでショーケースに見本がありました。
バタークリームたっぷりのベージュの大きなケーキでした!


個人的にはエシレのバターは無塩をそのままパンにつけて食べるのが好きです。
たまにフレンチなどでエシレが出てくると嬉しい!
どこがおいしいのか?というと、フレッシュな風味で後味がすっとしているところでしょうか。

いつかエシレ村の牧場の風景やバター工場見学したいものです。

..........

アルザスのパティスリージャックでは、エシレのバターはもちろん、乳製品はすべてエシレを使用しているとのことで、その時に「エシレってバターだけじゃないんだ~」と初めて気付きました。

ジャックでは使っている素材のレベルが総じて高く、それが気負ってるわけではなく当たり前になされていることに感動しました。また絶対ジャックに行きたいです!

|

« パリセヴェイユ11月のお菓子教室 | トップページ | スイーツSweets アルチザン・テラの永井シェフ出ます! »

パティスリー 東京都」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エシレ・メゾン・デュ・ブールのマドレーヌetフィナンシェ:

» エシレ・メゾン デュ ブール/丸の内ブリックスクエア [kuchikomi]
「ECHIRE(エシレ)」といえば、英国王室やモナコ王室などのロイヤルファミリーも御用達の高級発酵バター。フランス中西部にあるエシレ村で、100年以上も前からつづく伝統的な製法で丁寧に作られているものです。 バターそのものは成城石井など高級スーパーでも見かけますが、その専門店としてオープンしたのは、このブリックスクエア内のお店が、世界で初めて! 扉を開けて中に入ると、その小さなお店の中は、こんがりと焼けるバターのおいしい香りでいっぱいです。 店奥の大きなオーブンでは次々とケーキが焼かれ... [続きを読む]

受信: 2009年12月14日 (月) 22時53分

« パリセヴェイユ11月のお菓子教室 | トップページ | スイーツSweets アルチザン・テラの永井シェフ出ます! »