« アニヴェルセル クリスマス限定「スフレ オ ショコラ」 | トップページ | エシレ・メゾン・デュ・ブールのマドレーヌetフィナンシェ »

パリセヴェイユ11月のお菓子教室

6


本日パリセヴェイユ今年最後のお教室でした。
今日教えてもらったのは、季節感たっぷりの焼き菓子2種、シュトーレンとガレット・デ・ロワです!

シュトーレンは、今ちょうど自分のお菓子教室でもテーマにしていることもありいろいろと勉強になりました。
基本的な流れは同じなのですが(中種法でしこんだり、発酵のさせ方とか)ところどころで、自分が知らなかったポイントなどがあり、とても参考になりました。

シュトーレンは、ドイツ生まれのお菓子ですが、フランスでは食べられるのかな?と思いシェフに質問してみました。そしたら「アルザスなどのドイツの影響を受けている地域は食べますが、パリでは普通たべないみたいですね。」とのこと。

ドイツの隣国フランスであまり食べられていないシュトーレンが、日本では人気が高まっているのもちょっと不思議な気持もしますが…。日本では(お菓子に限らず)いろんな食を楽しめることはミーハーな気もしつつ、日本人の研究熱心な部分や好奇心の強さを感じますよね。
実際私は日本でいろんな食を味わえることはありがたいなぁと思っています。食を通じて他の国に興味を持ったりすることが多いので、そういう意味ではいいきっかけですよね。

金子シェフのシュトーレンは、型に入れて焼くタイプなのでこんもりふっくらと焼き上がりました。
仕上げにたっぷりの粉糖をふっています。

7
そして、こちらはガレット・デ・ロワの仕上げの工程です。
ガレット・デ・ロワ、構成はとてもシンプル(フィユタージュとクレームダマンドのみ)なお菓子ですが、家庭で作るにはフィユタージュの仕込みや扱いの大変さに難易度が高いお菓子ですよね。

そして、もうひとつ難しそうだな~っと思っているのがこの最後の模様を入れる作業です。

この時には、生徒の皆さんじっと見いっていました。
私もかなりシェフに近づきずっと見てました。今までガレット・デ・ロワ協会主催の講習会で何度もこの仕上げは見ていますがいつもは遠くから見ていたものが、今日は間近で見れたのでよかったです。

でも、こればかりはやっぱり自分で何度もやってみないと、感覚をつかめなさそうですね。


1

そして焼き上がりはこちら!
美しいクープと表面の香ばしい焼き色が光っています。
今日は大きなサイズ29cmで焼きました。そしてもちろんフェーブ入り♪

8

試食では大きくカットしたガレットとシュトーレンをいただきました。
みんなでフェーブ入ってるかなぁ?とドキドキしながらの試食です。

私フェーブ運はあまりないので、そんなに期待はしていなかったのですが、やはりはずれました。。
来年いただくガレットにかけたいと思います!

フィユタージュはしっかり火が入っているので、はらはらと軽めの食感。ダマンドもコクがありつつある程度気泡が含まれているのでくどくないので、大きいけど全部食べちゃいました。


シュトーレンは、フルーツたっぷりで程よいコクがありました。
今日は焼いて4日目のものをいただいたので、見た目よりはあっさり。
今日持ち帰りの分もいただいたので、少しずついただいてみたいと思います。


来年度のお菓子教室のメニューも決まったようで、パンフレットをいただきました。相変わらず魅力的なメニューが並ぶので、更新間違えなしでしょうー。
シェフ来年もよろしくお願いします!

|

« アニヴェルセル クリスマス限定「スフレ オ ショコラ」 | トップページ | エシレ・メゾン・デュ・ブールのマドレーヌetフィナンシェ »

パティスリー 東京都」カテゴリの記事

菓子講習会」カテゴリの記事

コメント

今回は(も?)難易度の高い内容でしたねー☆
(ガレットやらないかと思ったら・・・ガセネタで申し訳ない★)

お店で販売しているピティビエ、てっきりガレットデロワとは違う内容だと思っていたら、同じなんですって。(逆さ折り&フランジパーヌ)
大きさが違うだけで、あんなに印象違うとは。
今回改めて“ガレットはこれくらい大きい方が美味しいなぁ”と思いました。

ところでクリスマスケーキのチラシ、いただきました?masaさん的にはどれが気になるのかな~。

投稿: ai | 2009年11月28日 (土) 23時57分

おはようございます。

金子シェフは、型を使ったシュトーレンなんですね。
形がとても美しくうっとり。
そして…ガレットデロアの美しいこと!
パイの上がり具合、焼き色、模様のそろっているところ。
こちらも、すべてにうっとり。
今年も、パリセヴェイユのガレットデロア購入しようかな~♪

遅くなりましたが、
昨日はお菓子教室に参加させていただき
ありがとうございました。
手作りのシュトーレンは愛着もわき、さらに美味しく感じますね。
今年、早速トライしてみようかと思います!

投稿: nabeco | 2009年11月29日 (日) 07時40分

nabecoさん>
先日はお教室に来ていただいてありがとうございました!イメチェンしたnabecoさんも素敵でした★

シュトーレンって思っている以上に作りやすいですよね。これから毎年つくろうかな?っと思っています。

そして、金子シェフのガレット、ホント美しいですよね~。味もばっちりおいしかったです!

aiさん>
今回のガレット大きかったですね!
試食のカットのサイズも大きくてびっくり。シュトーレンと合わせて食べたらしばらくお腹いっぱいでした…。

今回フェーブが外れたのは残念ですが、本番はあたりますように♪

投稿: masa | 2009年11月30日 (月) 19時34分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パリセヴェイユ11月のお菓子教室:

« アニヴェルセル クリスマス限定「スフレ オ ショコラ」 | トップページ | エシレ・メゾン・デュ・ブールのマドレーヌetフィナンシェ »