« des GÂTEAUX et du PAIN   | トップページ | Jean-Charles Rochoux (ジャン=シャルル・ロシュー) »

8月のお菓子教室 アルザス風アプリコットのタルト

Photo

お菓子教室でお世話になっている皆さん、お知らせが遅くなりスイマセン!
やっと来月のお菓子決まりました~。

tarte aux abricots(杏のタルト)を作ります。

コルマールのパティスリーGILGで食べた杏のタルトが忘れられなくて・・。
もちろんフルーツがおいしいアルザスならではのお菓子なので、再現は難しいのですが。。

最近日本でもおいしい杏があるようですが、今の時期入手が難しいことや価格のこともありまして、
今回は比較的気軽に作れ、安定している缶詰を使用してつくります。

ただ、そのまま缶詰をつかうとちょっとおもしろくない味になってしまうので、バニラやキルシュ、(あと白ワインとレモンを使ってみようかと思案中)で風味づけして使います。

アルザスでフルーツを使ったタルトというと、タルト生地にクレームダマンドではなく、クラフティーのアパレイユのような(ブリュレに近い)ものを使います。

そのため、フレッシュ感が引き立ち、夏にもぴったりのタルトだと思います。

今日はまず第1回目の試作でした。
もう少し改良して、より美味しいアプリコットタルトを目指します!

※タルト生地今日は余っていたシュクレ生地で試作しましたが、本番ではブリゼ生地を使用する予定です。

日程は8/22と8/29(両日土曜日)です。
詳しくはこちらをご覧ください。

|

« des GÂTEAUX et du PAIN   | トップページ | Jean-Charles Rochoux (ジャン=シャルル・ロシュー) »

地方菓子お菓子教室」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月のお菓子教室 アルザス風アプリコットのタルト:

« des GÂTEAUX et du PAIN   | トップページ | Jean-Charles Rochoux (ジャン=シャルル・ロシュー) »