« デセール・ドゥ・ラ・プライム2009 アカシエ | トップページ | さくらんぼをつかったドイツ菓子 キルシュクーヘン »

デセール・ドゥ・ラ・プライム2009 スリール

フードショー通い続いています。
今日は、今回のイベントのラストをしめくくるスリールの岡村シェフの登場。

岡村シェフのお菓子といえば、素材のおいしさをストレートにかつ上品に表現するイメージが強いです。

今回のデセールは2品です。写真で見る限りどちらもさっぱりといただけそう♪
もちろんどちらもたべちゃいますよ

Dscf0312

まずは、「ビスキュイホンダンとミルクのアイス 赤いフルーツエキスと共に

白いふるふるした部分は、一瞬「ブランマンジェ?」と見えますが、ビスキュイなんです。
シェフにお聞きしたところ、ビスキュイサボワの生地をサヴァランのイメージでシロップをすわせたそう。

初めて食べるお菓子ですが、すごく不思議な食感でありながら昔からありそうな気もするし。とそんな気持になるお菓子です。ビスキュイとはいえ、全く違う印象。う~ん。パンプティングがもっときめ細かくしっとりなめらかになったような感じといえばいいのかな。。

その上には特製ミルクアイス!
ミルクのおいしさが凝縮しています。岡村シェフのアイスはとても素材のおいしさが引き立っていておいしいんですよね~。

周りにはベリーのソースと、小さなフォンダンショコラ。
これをビスキュイと一緒に食べるとまた違ったおいしさがあります。

Dscf0314


そして、2皿目は「ココナッツサブレに2種のカラメル パイナップルシャーベット
パイナップルとココナッツの南国素材の組み合わせです。
個人的にパイナップルは好きなフルーツ。
金子シェフもパイナップルを使ったタタンを出していましたが、こちらはまた全然異なるアプローチ。


パイナップルのシャーベットは、フレッシュ感と甘い香りがふわ~っと漂います。
す~っと口の中で溶けていく繊細さ。
その下には、ちょっと意外な組み合わせでキャラメルとくるみがしのばせてあります。

三角のココナッツ風味のサブレをアイスとキャラメルソースにからめて食べると、おいしいんですよね~。
パイナップルというと、どうしてもさわやか系になりがちですが、キャラメルやくるみを組み合わせていることでしっかりとした甘さやコク、香ばしさも感じる一皿でした。
Dscf0332


それから、物販でもスリーズ出店しています。
初日にロールケーキとサブレを購入しました。
岡村シェフの作るベーシックなお菓子は、素直なおいしさでお勧め!
Dscf0204

卵やバター、はちみつなどの素材の味がストレートに伝わってきます。
(ロールケーキは優しい蜂蜜の風味、サブレはバターのリッチさが際立っています。)
何度食べても飽きない味なので、実際また食べたいな~なんて思っています。


短い期間のイベントでしたが明日で最終日ですね。
デセールを楽しんだだけではなく、たくさんのスイーツ仲間にも久しぶりに会えたのも楽しかった。
ちょっとしたお祭り気分を味わえましたね~。

毎年楽しみなこのイベントですが、また来年もいけるといいな。
東急さん頑張ってくださいね~。期待しています★

|

« デセール・ドゥ・ラ・プライム2009 アカシエ | トップページ | さくらんぼをつかったドイツ菓子 キルシュクーヘン »

百貨店催事&デパチカスイーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デセール・ドゥ・ラ・プライム2009 スリール:

« デセール・ドゥ・ラ・プライム2009 アカシエ | トップページ | さくらんぼをつかったドイツ菓子 キルシュクーヘン »