« Tokyo夏スイーツコレクション | トップページ | ショコラティエ イナムラショウゾウ »

今月はガレット・トロペジェンヌ

先月のお菓子教室はサクランボのタルトを作りました。
最近気温が25度を超えるのが当たり前なのでだんだんと生地を扱うのが難しい季節です。

私が教室をやっている会場は、調理室そのもののような場所なのでもちろんマーブル台もないし冷房もガンガン利かせることができないのです。
そのため、スピーディーに作業しないと、バターの多い生地はすぐにだれちゃいます。
この間のタルトの敷きこみをする時にも、やや大変でした。

そして7月はもちろんもっと暑くなります。
生地はもちろん生クリームなども扱いづらい季節っ。

何をつくろう・・・と思いケーク類を考えていましたが、この暑さを利用して発酵菓子を作ろう!とひらめきました。
ひらめいた。というか以前からやりたかったのですが発酵の時間ってけっこう長いので、時間内に作り終えるかな~っという心配があってできなかったんです。

でもせっかくいいタイミングなのでチャレンジしてみようと思い、次回はガレット・トロペジェンヌに決定。
南仏のお菓子で、ブリオッシュ生地にカスタードやムースリーヌをサンドした素朴なお菓子です。
素朴ながらリッチな味わいでとても好きなお菓子です。詳しくはこちらを見て下さいね


今回は、夏らしいトロペジェンヌをということでパッション風味のムースリーヌをサンドします!
表面にはあられ糖とココナツロングをトッピング。先日実家からおくってもらったパッションの果実と一緒に撮影しました。(クリームには冷凍パッションピューレを使用。)


Photo_2


まだ試作1回目なので、これから微調整していきます。
パッションクリームは結構酸味が強く、私は酸っぱめが好きなのですが普通の人にはきついかも・・。
もうすこしマイルドにしよ。

ココナツロングは焼いたらベビースターみたいになってる(笑)
あまり風味も出ないのでココナツファインに変更し、甘さが少ないお菓子なので表面にグラニュー糖もまぶそうかな。

久々にパンを作ったのですが、バターたっぷりの生地なのでなかなかこねるのに時間かかりましたが楽しかったですねー。あの生の状態の生地がふっくらつやつやのパンとして焼きあがるのがなんともいとおしい感じ。
パン作りにはまっちゃいそうな気分です。

お菓子教室の詳細はこちらです。
興味のある方はぜひご覧ください。


|

« Tokyo夏スイーツコレクション | トップページ | ショコラティエ イナムラショウゾウ »

地方菓子お菓子教室」カテゴリの記事

コメント

夏はやっぱり、トロペジェンヌですね☆
リッチすぎないブリオッシュの生地と、爽やかなパッションフルーツの酸味。
とってもおいしかったです〜
ぜひお教室にも参加したい!・・・と思ったら、残念ながら今回は予定を入れてしまっていました。。
ぜひ、またお教室にも参加させてください(^o^)丿

投稿: masako | 2008年7月23日 (水) 11時40分

masakoさん>
こんにちは~。
また機会があればお菓子教室来てくださいねっ。
今月はトロペジェンヌとクロッカンを作ります~。

またお菓子作りの話などお話しましょう♪

投稿: masa | 2008年7月24日 (木) 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/426396/22194438

この記事へのトラックバック一覧です: 今月はガレット・トロペジェンヌ:

« Tokyo夏スイーツコレクション | トップページ | ショコラティエ イナムラショウゾウ »