« デンメアティー&イベント「シューベルトとウィーン」 | トップページ | フランス展  ジャンイヴ ボルディエのバター »

新宿伊勢丹フランス展 デセール

今日は、仲よくしているライターの友人と新宿伊勢丹のフランス展。に行ってきました。
4月29日からスタートしたフランス展。もうすでに何人かの友人がでかけていて、わたしも早く行きたいな~っと思っていました。

スイーツ好きの中での一番の目玉は、吉祥寺のパティスリーアテスウェイの川村シェフとブルターニュのル グランドテル デ テルム・サンマロのシェフパテシエパスカル・ポション氏のコラボデセールです。

パスカル氏がルセットを作り、それを川村シェフと共に完成させたということです。

会場では、デセールを作っている様子をガラス越しに見ることもできます。各デセールのパーツが整然と並んでいます。そこで、パスカル氏がかなりのスピードでデセールを作り上げる様子を拝見できました。
いや~ものすごい速さであっという間に作り上げていましたよ!

それをアシストするスタッフもスピーディー。
見ていて気持ちよかったです。
こんな感じにキッチンをのぞくのは個人的に大好きなのでうれしいですね。

このイベントで提供されるデセールは5種。
最初はオーブンの不調でフォンダンショコラの欠品があったようですが今日は無事に5種類提供していたようです。

メニューを見ると「グランでセール」が2種、「デセール」が3種。
どう違うのかきいてみると、グランでセールが特にお勧めのものだということ。

私たちはグランデセール2種をいただきました。

Photo

■とろけるリンゴとパンドエピス シナモンアイスを添えて 1890円
土台はパンデピス、その上にりんごのソテー、シナモン風味のサブレ、シナモン風味のアイス、リンゴのクルスティヤン。キャラメルソースと飴細工を添えています。

個人的にすきな組み合わせ。
リンゴ、スパイス、キャラメル。ってぜったいおいしいだろうな~と頭の中で味を想像しちゃいますよね。

土台のパンデピスは見た感じ色が淡くてふんわりしてそう。実際食べてみるとみたとおり味は淡かったかな。もうすこしスパイスが効いているほうが好みですが、その分サブレは結構スパイシーだったのでそこでバランスをとっているのかな?


Photo_2

■柔らかいキャラメルアイスクリーム ノワゼットチュイルではさんで 1890円

ざっくり香ばしいノワゼットチュイルは、しっかりした甘さとコクで、そのままでも十分おいしい。
そこにサンドしているのが「柔らかいキャラメルアイス」。柔らかいという言葉が気になっていたのですが、これはキャラメルのパルフェでした。なので、アイスクリームというより解凍しかけのムースに近い軽い食感。

わりとマイルドなキャラメルだったので、もう少しほろ苦さが出ていると好きかも。
一番うえのチョコクリームは、最初アイスかな?と思いましたがかなり濃厚なガナッシュ。
ねっとりと口の中で溶けていきます。

まわりには、ローズマリー風味のりんごのコンポート。
ローズマリーのさわやかな香りがりんごとよくあっていました。

余談ですが、飾りに使っていたらせん状のチョコビター感が強くておいしいですよ。

その他3種類のデセールは、こちらです。
・レモン風味のクレープスフレ 胡椒味のアイスを添えて 1890円
・栗とオレンジのヴェリーヌ 1680円
・ジンジャー風味のフォンダンショコラ 16980円


そういえば、友人が一人で3皿頼んだら、一気に全部のデセールを持ってこられて食べるのが大変だったそうです。(アイスとかとけちゃうからね)複数注文する方はずらして持ってきてもらうように前もって頼んでおいたほうがベターかも。


あとスイーツ関係だとルルーさんとエディアールコラボのガレットが2種(キャラメルCBSソース・チョコレートソース)やル・ポミエ(青りんごのグラススイーツやアイス、ギモーブ等がありましたよ。)、どこのものかよくわからなかったのですが、はちみつを50%使用のパンデピスなどがありました。

またアテスウェイのブースでは特大サイズのクイニーアマンや、ブルターニュの海藻を練りこんだパン、ファーブルトンなどブルターニュらしいスイーツが並んでいました。

近々吉祥寺にいく予定なのでアテスウェイ本店にも行ってみたいと思います。

デセール後にこの催事場でちょっと軽めにランチもしました。それと他のフランス展情報は次回へ続きます。

|

« デンメアティー&イベント「シューベルトとウィーン」 | トップページ | フランス展  ジャンイヴ ボルディエのバター »

百貨店催事&デパチカスイーツ」カテゴリの記事

コメント

とろけるリンゴと...は、自分が行ったときの写真と
比べたら、ソースの掛け方がだいぶ違っていました。
自分は、シナモン利き過ぎで単調な味に感じました(汗)。
同じパーツを使用しても、作る人によって見た目も
味も変わりそうですね。

投稿: KM1V | 2008年5月 3日 (土) 01時47分

わーい♪
やはり召し上がっていらっしゃいますねー。
私は、初日に訪れました。
お会いできず残念…。
グランデセール2種。
とても豪華でよかったですねー。
その他3種のデセールを注文している人を見なかったのですが、とても気になります!
う~ん。
胃袋がいくつあってもたりませ~ん!!

投稿: nabeco | 2008年5月 3日 (土) 06時23分

KM1Vさん>
作り手によって、微妙に変わってきやすいですよね。特にデセールは。
フランス展たべてみたいものがいろいろで困っちゃいますが、今回はわりと試食できるものも多くてよかったです。

nabecoさん>
初日にいらしたんですね~。
食いしん坊にとっては、あれやこれやと誘惑の多いイベントですよね。
今回お会いできなかったけど来月のフードショーイベントではおあいできるかしら・・?楽しみにしてマース。

投稿: masa | 2008年5月 3日 (土) 20時33分

私が行った時は、キャラメルアイスが売り切れてました~(><)やっぱり美味しそうですね。
のでスフレ以外の3種を頂きましたが、どれも美味しかったです。。
近くのテーブルの方が5種類全部頼まれていて壮観でした☆

投稿: わしくま | 2008年5月 4日 (日) 21時57分

わしくまさん>
グランデセールはやっぱり人気だったんですね。
私はひかえめに2種類にしときましたが、わしくまさんは3種類いったんですね^^


5種類全部食べた方すごいね!
たしかに壮観だわーー。

投稿: masa | 2008年5月 7日 (水) 01時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新宿伊勢丹フランス展 デセール:

» フランス展でアップルパイを [富久亭日乗]
 毎年恒例、伊勢丹の「フランス展」。 パンや菓子からチーズ、総菜、ワインまで フランスの食材が勢ぞろいだ。 あちこち試食して歩く。 今年はブルターニュ地方の物産が主力のようだ。 フレデリック・マドレーヌという人がやっている、 下北沢の「ル・ポミエ」という店が出店していて、 売り子の女の子が 「おいしいですよ」としきりに勧めるので、 アップルパイを買った。 1個368円。... [続きを読む]

受信: 2008年5月14日 (水) 08時20分

« デンメアティー&イベント「シューベルトとウィーン」 | トップページ | フランス展  ジャンイヴ ボルディエのバター »