« ケ モンテベロのケーキ | トップページ | ラ・パージュ・ブランシュとバスク友 »

ケモンテベロの地方菓子&焼き菓子

ケモンテベロの生菓子のショーケースの上には、焼きっぱなしのタルトやパイが5~6種類並んでいます。ファーブルトン、ミルリトン、カヌレ、コンベルサシオン、モエルーショコラ、タルトバナーヌなど地方菓子好きな私は、ケーキよりもそちらに目が行っちゃいます。
Photo_2
私は、ファーブルトン、ミルリトン、カヌレの3種類を購入。
どれも、香ばしくしっかり焼かれていてコントラストの強い味わい。
どれも好きなタイプでしたが、あえていうならミルリトンがおススメ。


3


焼き菓子はごくごくオーソドックスにガレットブルトンヌ、マドレーヌ、ディアマン・カフェノワを購入。
ガレットは塩味が効いたサクサクな食感。
中心部まで焼き切っていないところが好きです。
マドレーヌはかなりしっとり濃厚な生地。
ディアマン・カフェノワは、コーヒーの風味が強く香るくるみ入りのクッキー。サクサクした食感とコーヒーの香りがとてもよく、とてもフランス的だなと感じる味でした。

焼き菓子メニューはこちらに詳しく紹介されています。

こんな感じで、関西についたばかりなのにシュクレのパン4種、ケモンテベロで生菓子を食べて焼き菓子買って…。
コロコロのスーツケースに加えお菓子の袋や傘を片手に大荷物状態☆

大阪まだまだ未開拓のお店がたくさんなのですがこのあとは京都へ移動!

|

« ケ モンテベロのケーキ | トップページ | ラ・パージュ・ブランシュとバスク友 »

パティスリー関西」カテゴリの記事

フランス地方菓子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/426396/20961550

この記事へのトラックバック一覧です: ケモンテベロの地方菓子&焼き菓子:

« ケ モンテベロのケーキ | トップページ | ラ・パージュ・ブランシュとバスク友 »