« 吉祥寺 ステファノアンナ | トップページ | ガレット・ナンテの試作 »

アルカイクのピテヴィエ・フォンダン

Photo

先日友人とのケーク会(ケークをはじめスイーツを食べる会)で、埼玉県のパティスリーアルカイクの「ピティヴィエ・フォンダン」をいただきました。

ピティヴィエ・フォンダンについては、こちらで詳しく紹介してます。


フランスサントル地方の都市「ピティヴィエ」市発祥の古いお菓子です。
現在ピティビエというと、フィユタージュとクレームダマンドで作るガレット・デ・ロワに似たお菓子の方が有名ですが、このタイプはバターが普及してきてから誕生したお菓子だとか。
なので、元来のピティヴィエはこのケークタイプ。

あまり日本のパティスリーでは売っていないので(というかフランスでもほとんど見かけないのかも)、あまり食べる機会がありません。

東京だと焼き菓子が有名なメゾン・ド・プティ・フールで販売されていてます。
こちらまだ食べたことがないのですが、大森由紀子先生がよく講習会で絶賛してるので、いつか食べてみたいお菓子のひとつ。

大森先生が編集長を務める雑誌スイーツ王国vol.2では、西野シェフがピティヴィエフォンダンの作り方を紹介しています。


アルカイクで販売されているのは知らなかったのですが、友人が発見して買ってきてくれたのです。(感謝!!)
ベースの生地はパンドジェーヌに近くて、卵、粉、バター、アーモンド、砂糖。
バターと砂糖を合わせて底に卵や粉類を加えるので、製法はパウンドケーキと同じです。
最後表面にアプリコットジャムとフォンダンをかけ、ドレンチェリーやアンゼリカを飾るクラシカルな雰囲気に仕上げます。

地方菓子らしくベーシックな素材、製法、そしてクラシカルな仕上げのお菓子ですが、見た目以上に味が素晴らしいんです。

Photo_2

アルカイクのピティヴィエは、ふんわりしっとりとしていて、バニラの風味、そしてアーモンドのこく豊かな香りとともにビター臭がふんわり漂います。

※日本でいえばカステラの感覚に近いのかも。なので、大抵の日本人が好むお菓子だと思います。ただアーモンドのビター臭(アンニンの様な香り)に好き嫌いがあるかもしれませんね。

このお菓子、以前からお菓子教室でトライしてみたいと思っていました。今回アルカイクのものを頂いて、やっぱり絶対つくろう〜♪と決心。

美味しいお菓子との出会いに感謝した1日でしたっ。

|

« 吉祥寺 ステファノアンナ | トップページ | ガレット・ナンテの試作 »

パティスリー 他の地区」カテゴリの記事

フランス地方菓子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/426396/11660515

この記事へのトラックバック一覧です: アルカイクのピテヴィエ・フォンダン:

» メゾン・ド・プティ・フールのピティヴィエ [Sweet Life]
先日のケーキ会の続きです。 今回はピティヴィエ・グラッセ。 以前アルカイクのピテ [続きを読む]

受信: 2008年4月 8日 (火) 16時57分

« 吉祥寺 ステファノアンナ | トップページ | ガレット・ナンテの試作 »