« 料理通信 2月号 ショコラ特集 | トップページ | オクシタニアル ケーキ »

新店 オクシタニアル

今月9日に新しいパティスリー「オクシタニアル」がオープンしたので本日訪問しました。
神谷町の駅から徒歩4〜5分くらいのところにありますが、オープンしたてということもありお祝いのお花がたくさん飾られているのですぐ分かると思います。

店内は、明るく、でも派手すぎない色調の南仏風。ショコラ、マカロン、ケークなどの焼き菓子と、生菓子が20数種類揃っています。
ショコラやマカロンはばら売りがないので、ちょっと気軽には買えなさそうですが贈り物にとてもよさそうです。

生菓子は南仏風かといえばそうでもなく、どちらかというとパリの華やかさがある雰囲気でしょうか。
(ただ、南仏のお菓子トロペジェンヌはありました!)
シェフはMOFを取得されているステファン・トリアンさん。(監修とのこと)

店内には数台のチョコや飴細工のピエスモンテが飾られています。きっと今までのコンクールで数多くの作品を作ってこられたのでしょうね。コンクールに興味のある方は、参考になると思います!

Photo
それから大きな3つのマカロンタワーが窓際にあるんです!
これも迫力ある作りで、とてもインパクトが大きい。でもお菓子に目を奪われていると見過ごしがちかも。
思い出したら見てみて下さいっ。

Photo_2
お菓子の箱や袋などのパッケージも南仏風。
袋はとても素敵で丈夫なので、簡単には捨てられない代物。
南仏のファブリックを扱う店舗にありそうなデザインだなぁ〜っと思いました。
グリーンベースで、これはオリーブがモチーフなのかな?

オクシタニアルという店名ちょっと聞き慣れないですが、南仏のオクシタニアという地名からとったそうですよ。


|

« 料理通信 2月号 ショコラ特集 | トップページ | オクシタニアル ケーキ »

パティスリー 東京都」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新店 オクシタニアル:

« 料理通信 2月号 ショコラ特集 | トップページ | オクシタニアル ケーキ »