冬の焼き菓子詰め合わせレッスン いろいろと

Img_3116


今週末からスタートの「冬の焼き菓子詰め合わせレッスン」。
書籍仕事明けの最初のレッスンです。


詰め合わせが大好きな私なので、何をつめようかな、、と色々と考えてましたが、主役にはやっぱり旬を感じるものを使いたいので、金柑のパウンドケーキを作ります。金柑を軽めのコンフィにして、金柑リキュールで香りをつけます。最初はオレンジリキュールで作ってみましたが、一度金柑リキュールも使ってみたくて取り寄せてみました。ただ、ほぼオレンジリキュールでも代用可だなとは感じましたが。
ついついより美味しくするために、色々と試してしまいたくなります。
Img_3143

そして、今回はバターの一部に太白ごま油を使用し、いつもよりやや軽めでソフトな生地に仕上げます。
今オイルを使ったお菓子が流行っていますが、私も何度か試してみてその良さを感じているので、ちょこちょこと使っていきたいと思います。実は、今回の詰め合わせのビスコッティとクミンのクラッカーでも使用しています。

2種のパウンド型で焼くのですが、型によって生地の食感が違うことに気づきました!
皆さんも是非食べ比べてみてください。私的にはキューブ型のアルミ製の型の方がよりふっくらしっとりと感じました。

Img_3132

絞り出しクッキーは、ドレンチェリーの赤と緑の2色で行くことにしました。
レトロな雰囲気がとってもいいですよね。
これは定番にしたいところ。
以前ご紹介したヴィエノワよりもやや粉多めの配合です。


Img_3080
今回は、白い箱にお花の掛け紙で行きます。
この紙もすこしレトロモダンで素敵ですよね。
ただ、枚数が限られているので、ある時点から違う紙になりますが、ご了承ください。そちらも青ベースの花柄ではありますが、雰囲気は全然違いますね

週末には全部お菓子が入った写真も撮影できるかな、と思いますのでまた改めてアップしたいと思います。

レッスン日程はこちらをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「フランスの素朴な地方菓子」見本誌とどきました!

Img_9665


今朝、「フランスの素朴な地方菓子」の見本誌が届きました!
※発売日が2月24日→27日に変更になりました。

もう何度も原稿には目を通してきているのですが、やはり一冊の「本」という形なると一層感慨深いです…。
緊張して、もう写真しかみれません。文字読めない感じですね、、。

ぱらぱらっとめくって、やっぱりフランス地方菓子の写真が何枚も続くのは心地よいです。
地域ごとの扉ページにあるイラストもとっても素敵です。

イラストレーターさんはお会いしたことはないのですが、フランスにいたこともあるそうで、そのおかげで雰囲気がとても素敵な感じです。かわいいのですが可愛すぎず、という微妙なバランスも良く。

今回何人かの生徒さんからお問い合わせがありましたが、私の方でも何冊かご用意できる予定ですので、レッスンの際に購入希望される方はご連絡ください。もしできればAmazonのレビューに素直な感想を書いていただけると嬉しいなと思います。一応最短で23か24日に入手できる予定なのですが、間に合わなかったらすみませんッ。

巻末レシピは、基本的にはレッスンでご紹介したもののなかから抜粋していますが、微妙に配合や製法が違うものもありますので、ご了承ください。

今回の本、もうこれ以上の本は作れないな、というくらい全力投球したのですが、また素敵なご縁があれば地方菓子に関わる本を出せたら嬉しいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヌースロウラーデン くるみのロールケーキ

1
今月の新作レッスンで作るお菓子の紹介です。
「ヌースロウラーデン」、くるみが主役のウィーン菓子です。
もともと、ウィーン菓子のマイスター八木さんのご著書「マイスターのウィーン菓子」で紹介されていたお菓子で、くるみとさくらんぼという組み合わせがとっても印象的でした。

この本は私がまだパティスリーで修業しだして間もないころに買ったものですが、その当時には八木さんは名古屋でウィーン菓子店「フレダーマウス」で活躍されていました。
その当時まだ日本では珍しいウィーン菓子の世界に胸躍らせたことを今でも覚えています。

いつか伺いたいと思っていましたが、その後体調の関係でお店をクローズし、神戸でモロゾフが経営する「カフェ コンディトライ ランドルト」の技術指導として復帰されていました。そのランドルト以前一度だけ行ったことがありますが、2014年にクローズしたということです。

名古屋時代からのHPが、今も残っていてそこで八木さんの近況などを知られるようになっています。

http://www.fledermaus.biz/
Photo

さて、お菓子の話に戻り、ヌースロウラーデンは、生地にもクリームにもくるみを使ったお菓子です。
よくよくレシピを見てみると、生地にはケーキクラムを使用しています。
ウィーン菓子では、よくこのケーキクラムを使ったお菓子が多いです、リンツァートルテもそうですね。

お店だと、そういった生地の切れ端などを無駄にしない、という利点があるのですが、家庭で作る際にはクラムを常備している方はなかなかいないと思うので、今回はクラムを使わない生地を作ります。

試作はまだ2回しかしていないのですが、別立ての生地でくるみパウダーを入れたものを作りました。
別立てでコーンスターチが入っているので、ちょっと軽めです。

ただ、もう少し重くてもいいのかな?と思うので、共立て生地でも試作をしてみたいと思っています。

クリームは、カスタードクリームにバタークリームを合わせたもの。
そこにくるみパウダーを使ったペースト状の生地(とはいえ、結構くるみパウダーの粒々感が残っています。)を練りこでいます。

写真のものは、巻きこみ様のクリームはクルミペースト入り、表面はペーストなしのクリーム、で使い分けていますが、これも統一するか思案中です。

中には酸味のあるグリオットを巻き込んで。この酸味がポイントですね。
簡単だと思っていたケーキ、作ってみると奥が深くしばらくは試作が続きそうです。


ヌースロウラーデンのレッスン日程、追加が出ました。
ご希望の方はご連絡ください。

■日程2月24日(金)9-13時、3月5日(日)午前か午後、3月8日(水)13-17時

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フランスの素朴な地方菓子 2月27日発売です。

1

以前から何度かご紹介していましたが、改めまして、2月27日に『フランスの素朴な地方菓子』が発売されます。電子書籍の販売も予定しています。
(Amazonでは、まだ表紙が公開されていませんが、一足お先にこちらで公開します!その他にもサンプル画像を編集さんからいただいたのでいち早く皆さんにご紹介します!)

2


この本では、フランスの地方で伝統的に食べられているお菓子の歴史や由来を紹介しています。
今回は118種類のお菓子を地方別に紹介しています。日本でもよく知られているようなクグロフや、カヌレ、クレープ、ガトー・バスクなどをはじめ、現地に行かないと食べられないようなお菓子まで幅広く取り上げています。


共著者の深野ちひろさんと一緒に、お互いフランスで食べたお菓子を思い出しながら改めてそのお菓子について調べてまとめたものです。

当初は、地方菓子の紹介のみでの展開予定でしたが、後からフランス菓子という大きなくくりからみた地方菓子という存在についてより知識を深められるように、読みもののページも追加されていて、体系的に地方菓子について知ることができるようになっています。


そして、今回撮影用のお菓子として多くのパティシエさんたちにご協力していただきました。
その地方に由来のある方や地方菓子についての造形が深い方、焼き菓子をこよなく愛する方など、それぞれのシェフが作ったお菓子も、皆さんに見ていただきたいところ(各ページに菓子製作の店名を記載しています。)
3

今回はマイナビ出版さんの本です。マイナビさんというと就職系のイメージがありますが、独立した出版会社がありまして、最近いいなぁ、と思う本はマイナビ出版さんのものが多いです。今回は編集者さんをはじめ、スタイリストさん、カメラマンさん、デザイナーさん、イラストレーターさん、と、各方面の異業種のプロの方たちのお仕事ぶりを感じることもできてとても刺激的でした。

特にスタイリストさんは、私が20年前ほどから常々いいなぁ、この方の写真、と思っていた料理カメラマンさんの奥様だったのです。もうほんとびっくりです。フランスがお好きという事もあり、それがスタイリングにも反映されたのではないかな、と思っています。派手すぎず素朴、でも洗練された雰囲気もあり、とても素敵なお写真に仕上がりました。

そして、それぞれのプロをまとめて一冊の完成した本という形を作り上げる編集者の仕事ってやっぱり素晴らしいな、と思いました。それぞれの個性を統一感あるひとつのものに仕上げるという仕事は完成して見れば「すごい!」のひとことですが、そこに至るまでの地道で長い道のり、、、特に今回の本は内容が濃かったので編集さんも一苦労だったと思います。でもその甲斐あって、長く愛される本に仕上がったのでは?と思っています。

Sample4

私もいくつか製作を担当しています。今までお菓子教室で作ったものや初めて作るお菓子もありました。揚げ菓子などは、時間がたつとベタッとするので、撮影当日の朝から揚げ物をしたり、、となかなかハードな撮影でしたが、あっという間の撮影3日間でした。

しかし、本当に大変なのはその後。そう原稿です。。
フランス語の文献もいくつか、旅行で訪れた際に購入していましたので、それも参考にしつつ。
最近ではフランスの老舗や各地方の観光局などでも名物のお菓子について詳しく紹介されています。
そういったものも参考にしながら色々と調べました。

Sample2_1

改めてよくわかったのが、お菓子だけでは存在しないということ。
その地域でどのような歴史背景や地理的な条件があったのか、という事です。
つまりは、フランスの地理・歴史が密接にかかわっています。それに加えてキリスト教の存在も大きく、振り返ってみると、この地理・歴史・宗教について、調べ続けた数か月間だったな、と思います。

ちょっと難しいように聞こえるかも?しれませんが、やっぱり知らないで食べるよりも、そのお菓子の背景を知って食べるのとでは、全然感じ方が変わってきます。ぜひ、地方菓子に興味のある方に読んでいただきたい一冊です。

また感想などもお聞かせいただけると嬉しいです!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月のお菓子教室

Img_9941


昨年のクリスマスケーキとして登場したケーキです。
ピスタチオのスポンジにピスタチオのクリーム、ラズベリージャムをサンドして作ります。
ピスタチオの濃厚な味にベリーの酸味がアクセントになっています。
私ももう一度食べたい!っと思うケーキです。
※今回小人さんはつきません。

ピスタチオと赤い果実のケーキ
■日程 2月23日(木)13~17時


Photo
季節は過ぎ去りましたが、リクエストにより開催します。
私自身今年はまだガレット・デ・ロワを食べていないので、とても嬉しいリクエスト!
フィユタージュ生地にクレームダマンドをサンドして焼いたお菓子です。作る工程で小さなポイントがたくさんありますのでそれをお伝えしたいお思います。王冠とフェーブ付きです。
ガレット・デ・ロワ
■日程 終了しました。


Photo_2

昨日もブログでご紹介した冬の焼き菓子詰め合わせレッスン。若干日程追加しております。

2月26日(日)、2月27日(月)の13:15~17:15

------------------------------------------
Photo_2

【新作  ヌ―スロウラーデン】


くるみが主役のロールケーキです。
くるみパウダー入りのロール生地でくるみのバタークリームを巻きこみます。
そして、くるみにアクセントを与えるのがさくらんぼの存在。
「くるみ&さくらんぼ」の相性、そしてウィーン菓子らしいナッツのコクを感じるケーキです。

■日程 2月24日(金)9時~13時、2月27日(月)の9~13時、2月27日(月)の9~13時
3月5日(日)午前か午後、3月8日(水)13-17時


お問合せ、参加ご希望の方はこちらまでお問合せ下さい。
※日程にない平日でご希望の方はご相談下さい。
東京都世田谷区で開催します。
masa@sweet-caf.jp(下園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の焼き菓子詰め合わせレッスン

Photo

昨日シロップで軽く煮た金柑をオーブン低温で一時間乾かしました。
すると、皮の色が濃く、そして水分が少なくなった分味や香りも出てきました。
ただ、もう少し糖度が高い方がいいかな、と思うので、要改良ですが。

フルーツって不思議なもので、お菓子に使うときには必要量の糖分がないと、水っぽく感じるんですよね。それは
コンフィやグラスなどでもそうですが、今回もそのまま食べるにはいいのですが、お菓子に混ぜると水っぽいなぁと思いました。次回はもう少し糖度を上げてみたいと思います。

Photo_2

そして、早速このコンフィを使って、金柑のパウンドケーキを試作しました。
蜂蜜とアーモンドパウダー入りの生地に、金柑コンフィを練りこんで、焼成後にオレンジリキュールのシロップを打ちました。蜂蜜入りなので、ちょっと焼き色がつきやすいですね。今回はいつも使っているプロヴァンンスの百花蜜を使いましたが、かんきつ系の蜂蜜でも相性が良いでしょうね。

ミニパウンド型は、長方形のものと、キューブのものを使用し2種作る予定です。
これは、以前パリセヴェイユのお菓子教室に通っていた時、おそわったパウンドケーキで使用していたものと同じもので、もともとはキューブの食パン型なのかな、アルミ製のものです。
ちょっとしたプレゼントによい大きさなのですが、なかなか使う機会がなく、今回初登場です。

Photo_3

冬の焼き菓子詰め合わせはは、この金柑のパウンドケーキに加え、チョコレートとナッツのビスコッティ、サブレ・ア・ラ・ポシュ(絞り出しクッキー)、クミンのクラッカー(塩味)の4種でご紹介します。

実習はパウンドケーキで、デモンストレーションでビスコッティを紹介したいと思っています。あとの2種類はレシピをお付けする形で口頭での説明になる予定です。

※写真左上にうつっている箱にお入れする予定です。
今回はブルーとグレーが基調のレトロモダンな花柄です。
途中柄を変更する場合もございますが、ご了承ください。

現在募集しているのが、2月18日(土)、2月19日(日)、2月20日(月)の9時~13時。
2月26日13:15~17:15

2月27日の午前か午後でも追加開催予定です。

お問合せ、参加ご希望の方はこちらまでお問合せ下さい
東京都世田谷区で開催します。
masa@sweet-caf.jp(下園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月のお菓子教室 冬の焼き菓子詰め合わせ

Photo


今月のお菓子教室の準備をそろそろ始めました。
今月は、バレンタイン以降のレッスンなので、チョコ度は控えめに、「冬の焼き菓子詰め合わせ」というテーマで作ります。ただ、それほど冬らしいというわけでもなく、今の時期食べたいお菓子を詰め合わせます。

メイン(実習で作る)はまだこれから試作ですが、金柑のパウンドケーキ。

一緒にお付けするのが、チョコレートのビスコッティ、絞り出しクッキー、クミンのサブレです。

チョコレートのビスコッティは、少しビターな味で固すぎずかといって柔らかいとらしさがないので、ほどよい固さにしています。

イルプルーで扱っているペック社のココアがとても好きなので、こちらでも使用。
チョコレートはヴァローナのカライブをすこし粗めにカットしています。ナッツはヘーゼルナッツかアーモンドを使う予定です。
シンプルなお菓子だけに、結構苦戦しておりますが、もう5回くらい試作してやっと理想に近づいてきました。ほんと「シンプルこそ難しい」を実感。

Photo_3

絞り出しクッキーは、すこし塩をきかせた生地を絞ってドレンチェリ―をトッピングします。最近のドレンチェリーって意外に美味しいのですよね。昔より確実に美味しくなっていると思います!これは冬に限らず定番で作り続けたいお菓子。
Photo_2

そしてもう1品は、クミンを入れた塩味のサブレ。
最近塩味系のお菓子も大好きで、これは太白ごま油を使ったさっぱりした生地です。クミンとゲランド塩入りの生地で、焼成前に黒コショウをぱらりと振りかけて。
ビールにあうなぁ!という味です。クミンって魅惑的な風味だなぁと改めて感じました。

Photo_4


明日は金柑のコンフィを仕込みます。
新しく買ったばかりのオーブンが最低80度まで出ることがわかって嬉しい!これでコンフィイやらメレンゲやら作れます。

ただ、新しいオーブンを買った当日、もう1台のオーブンもなんと故障!!
立て続けに2台とは、、というわけで、次回レッスンでお会いするときには新たなオーブンでお迎えしますね。

募集日程改めてご案内しますが、この詰め合わせレッスンは来週末18日午前、19日午前に空きがあります。
20(月)午前で希望者もいます。

この他に、今月はくるみとサクランボを使ったウィーンのロールケーキを新作でご紹介します。
ウィーン菓子の第一人者八木さんのご著書で、みかけて、いつか作ってみたいなぁと思っていた一品です。
生地にもクリームにもクルミを使います。そこにさくらんぼの酸味をプラスして。
こちらも試作が進みましたらブログにアップしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと、もう一息。「フランスの素朴な地方菓子」

今年に入って、画像無しのブログが続きますが。。

また書籍のお話です。
ちょうど今校正待ちのタイミングで、時間が少しできたところです。
昨日は久々に(半年ぶりくらい!?)にやっと美容室にいって、バッサリ髪を切ってきました。
年末からほとんど家にこもりきりだったので、ちょっとしたリフレッシュです。

美容室、いつも(といっても数回ですが)行ってたところが、なんと1月半ばにクローズしていて、ちょっと足を伸ばして仙川の美容室に行き、帰りにラ・カンドゥールでケーキを買ってきました。
やっぱりこちらのケーキは上品で美味しいですね。
奇をてらわず、素直に美味しいといえるケーキです。
焼き菓子もフレッシュ感ある味わいで、お勧めです!

さて、本ですが、原稿自体はほぼ書き終えて、現在校正待ちです。
それを来週いっぱいで確認して、一通り終了予定ではあります。(予定通りいけば。)

来週といえば、サロン・デュ・ショコラがスタートしますね。
それとスペインのお店ブボのレセプションもあり、行きたい気持ちはありますが、、
書籍のお仕事を優先して、行かないかもしれません。

何度も確認作業はしていても、その都度、訂正箇所や新たに気づくこともあるので、まだまだ油断はできないところです。もう一息がんばります。

書籍の話ばかりで、昨年~現在にかけて、あまりチョコレート系のお話をしていませんし、絶対的に食べている種類が少ないのですが。今年の個人的なおすすめは帝国ホテルのガルガンチュワのボンボンショコラ(もうすぐパナデリアでレポート公開します!)、そして、パレドオールの、美味しくてチャリティー活動もできるガーナスマイルカカオプレミアム ボンボンショコラです。

個人的には、チョコレートそのものよりはチョコレートを使った焼き菓子が好きだったりするのでハイアットリージェンシー東京のサブレショコラオレや、5種のチョコレートマカロンもお勧め!

また、お教室再開したら皆さんのチョコレート話もお聞きしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本の予定など

しばらくぶりの更新ですが、毎日本のお仕事かかりっきりです。
とはいえ、一回だけ合間にプレス会に伺ったり試食会に行きましたが、ほとんどは缶詰状態。
そんなわけで、今年はガレットデロワもバレンタインショコラもお預けですが、あともう一息頑張ります。

現在まだまだ本は途中段階ですが、Amazonではすでに予約が始まっております。2月24日発売予定です。

表紙写真はまだ確定していないので、仮の写真が掲載されていますが、見る人が見れば、これはどこのお店のあのお菓子、ってわかるかも?しれません。

表紙は、まだどんなふうになるのか私自身知らないので、とても楽しみです。

今回の本を書くにあたって、改めてフランスの地方菓子を調べていると知らなかったことがたくさんあって(ありすぎて!)、ますます地方に行ってみたくなる気持ちがでてきました。そんな気持ちを読者の方にも味わってもらえると嬉しいなぁと思います。

まだ途中段階なので大きなことは言えませんが、「こんな本読みたかった!」と思える一冊に仕上がりそうです。
それもこれも、ご協力していただいた方の存在あってこそ。
ほんとに、たくさんの方に協力していただいています。

しばらく、流行りのお菓子や季節のお菓子からは、遠ざかっている私ですが、やっぱり私って古いもの、そして手作りのものが好きなんだな、と地方菓子を通じて実感した次第です。

もう少しお菓子教室再開までは時間がかかりそうですが(2月10日以降あたりからスタート予定)よろしくお願いします。時期は外れますが、ガレット・デ・ロワや昨年末に作ったピスタチオのケーキなどリクエストがありましたら開催できますのでどしどしおっしゃってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

新年のご挨拶が遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。


ここ1か月は本のお仕事の関係でしばらくこもりっきりです。
12月はかろうじてレッスン出来ましたが、クリスマス~本日まではずっと原稿書いたり、確認したりの繰り返しです。何しろ200ページはあるので、確認だけでも時間がかかります。

1月はレッスンできればと思っていましたが、まだしばらくは落ち着かなさそうなので、今月はお菓子教室をお休みして本の仕事に専念したいと思います。
気付けば今日はエピファニー。
世間はガレット・デ・ロワの時期でしたね!!

ガレット・デ・ロワを食べよう会、今年はできなさそうですが、、、
来年是非開催できればと思っています。


そして、今年はフランス菓子ツアーも開催したいと思っています。
まだ構想中ですがヴァランスとプロヴァンス地方を巡りたいと。

早速行きたいお店や場所もちょこちょこと出てきておりまして、考えるだけでも楽しいです。
秋に行きたいなと思っています。これも詳細決まりましたら紹介しますね。

まずは、今取り組んでいるフランス地方菓子の本のお仕事に集中して頑張りたいと思います。
まだ道半ばですが、かなり濃い内容でしかも素敵なデザインに仕上がりそうな予感です。

今まで知らなかったフランスの歴史、地理についても理解が深められたように思います。
とはいえ、それはまだまだ一部であって、これからもライフワークとして日々勉強ですね。

それでは、また落ち着きましたらご報告させていただきます。

年賀状くださった皆さんありがとうございます。
まだしばらくお返事出せそうにないのですが、寒中見舞いが間に合えば、、と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピスタチオとフリュイ・ルージュのクリスマスケーキ

いよいよ今週末はクリスマス!
私もようやくレッスンでクリスマスを味わっています。
先日はシュトーレンを1年ぶりにレッスンで作って、やっぱり冬の手仕事はいい!と実感した次第です。

前回ブログで、本の原稿ひと段落、と書いたのですが、案外ここから先が結構細かい確認や調整が大変でして。。結局来月半ばあたりまでは色々とやってそうな気配です。

でもそんな中今週は新作レッスンの試作を優先して、試作すること数回。
始めは全然違う構成でしたが、ようやく形が決まってきました。
結局ピスタチオの味と風味を生かすべくシンプルな構成に決まりました。
 

Img_9941

今年はピスタチオとフリュイ・ルージュ(赤いフルーツ)を組み合わせようと思っていました。
まさにクリスマスに相応しい彩りと華やかさで、定番の組み合わせですね。

Img_9944

まだ完璧に完成ではないので、ここから変更箇所が出てくるかもしれませんが、断面はこんな感じです。
底がサブレ生地、その上にフランボワーズのコンフィチュール、そしてピスタチオ風味のビスキュイ・オ・ザマンドとピスタチオのクレームシャンティを交互に重ねています。ほんのりキルシュを香らせています。

上には生クリームの絞りと、苺、フランボワーズ、ブルーベリーの3種のベリー。

フランボワーズのコンフィチュールは最初ミックスベリーの冷凍を使用していましたが、ちょっと酸味が弱くまたブルーベリーの粒が固く残ってしまったので、フランボワーズのみに切り替えました。

そして底生地のサブレは美味しいのですが、味と食感の主張が強すぎるような気がして、もしかしたら無しにするかもしれません。もう少し時間をおいてからまだ試食して決めたいと思います。

Img_9945

今回は側面にコームで模様を付けました。少し表情が出てきますね。
ナッペ、絞り、コームの仕上げがあるので、ちょっといつもの焼き菓子よりはハードルが高いかもしれませんが、ご参加いただける皆さんよろしくお願いします!

現在募集している日程は12月29日午前は満席になったので、希望者集まれば13時半~午後の部も追加しようかと考えています。

それから12月26日13:15~のシュトーレンレッスンも募集しています。

気になる方はご連絡くださいませ。
masa@sweet-cafe.jp(下園まで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月のお菓子教室

12月に入り、もういよいよ年末ですね。
私は、といえばここしばらくは鹿児島から母にヘルプに来てもらい朝から晩までフランス地方菓子の原稿書いてました。今まである程度フランスの地方菓子について知っていると思っていたのですが、調べれば調べるほど自分が知らないことがたくさんある事に気づきました。
まずはフランスという国ができるまでの歴史的な出来事、そしてもっと古い時代の出来事。他の国との領土争いや、民族の移動のことなど。キリスト教の行事や聖人についても新たに知ることが多く、もともと歴史が苦手な私には??という事が多すぎて、そのたびに調べていると、時間があっという間に過ぎていきます。ですが、今までより理解を深められたのでとてもいい経験だったと自分では思っています。

やはり、フランス菓子を知るには、その歴史的背景を体系的に知っていないと深く理解できないと思いました。
私が調べているのはお菓子にまつわる時代を中心にしているので、ほんの一部ではあるのですが。。
先日フランスの歴史という本を購入したので、もう少し全体像を知りたいと思います。

それでもどうにかお菓子に関わる執筆はまずはひと段落し、これから細かな訂正や調整をしていきます。
あともう少し書くこともあるのですが、またそれはこれから。もう一息頑張ります!


今月はこんな感じで前半は本のお仕事に集中していたので、後半からレッスンを開催します。
まだ募集している日もありますので、ご紹介していきますね!

Img_5733


アドヴェントの時期に食べるドイツの伝統的なお菓子です。レーズンやクルミなどをいれて練りこんだ生地は
ほんのりスパイスとバニラが香る優しい味です。私のシュトーレンは比較的さっぱりしていて、スパイスときび糖、バニラが香るのが特徴です。今までいろいろと食べてきましたが、(たぶん100種は食べてきたかと。)やっぱり自分のシュトーレンが一番好き!と思っています。今年も自分で楽しみなお菓子です。
おまけで一緒にフルーツ多めのヴァンショーもお出しします。すっかり冬の味覚です!


■シュトーレン

12月18日(日)9時~13時 追加しました
12月26日(月)13~17時


3


11月の新作を12月も追加開催します。
紅玉、レーズン、スパイス、クルミなどを合わせたケーク生地をリースのように仕上げます。
スパイスとフルーツ、ナッツを組み合わせたクリスマスを感じる焼き菓子です。
デコレーションは華がありつつシックな装いに仕上げるのでプレゼントにもピッタリです。
お土産にパンデピス風味のサブレをお付けします。
■ケーク・ノエル
12月19日(月)9時~13時

。。。。。。。。。。。。。。。


クリスマスリースをイメージした生菓子です。まだ構成決定していませんが、ビスキュイかジェノワーズにピスタチオのクリーム、赤い果実を組み合わせたクリスマスカラーのケーキです。
写真は試作が進んだら掲載予定です。

■ピスタチオと赤いフルーツのガトー

12月25日(日)13~17時
12月26日(月)9時半~13時半
12月29日9時半~13時半 追加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サブレ・オ・パン・デピス

Photo

今月新作のケーク・ノエルのレッスンでは、お土産にサブレ・オ・パン・デピスをお付けしています。
(レシピ付き)

スパイスのお菓子パン・デピスをイメージしたサブレです。今までも似たようなサブレは何種類か作ってきましたが、今回は蜂蜜とココアを入れているのが新しいところでしょうか。
蜂蜜を入れることでぐっとパン・デピス感がアップします。
蜂蜜は、大好きなプロヴァンス地方の百花蜜。イルプルーで取り扱っている蜂蜜ですが、これは本当に香りがよくて豊かな味わいで大好きです!(そうだ、来年はここの蜂蜜メーカーにも行ってみたいな。蜂は怖いけど、、)

Photo_2

サブラージュで仕込んで、好きな型で抜きます。
今回はアルザスのノエルをイメージして、アルザシエンヌとプレッツェルを。
好みでモミの木や星、雪だるまなどなど、好きな型で作れるのがクッキーの楽しいところですね。
下に敷いてるトーションは昨年アルザスのリボーヴィレで買ったもの。
シルエット柄で、グレーというのが大好きです。

Photo_3

今回はこんな風に、穴に赤い紐を通して飾れるようにしました。
もちろんそのまま食べてもOK。
以前買っていたノエルのスタンプも使って、かわいくラッピングしました。

時々自分で作ったお菓子に興奮してしまうことがあるのですがこのラッピング込みのお菓子もかなり自分好みで。。(つまりはアルザスが好きってことですね。)
何度も眺めてはにやにやしてしまいます。

今週末レッスン、来週半ばレッスンの方どうぞよろしくお願いします。
※レッスン参加ご希望の方はご連絡くださいませ。
11月26日(土)午前、11月27日(日)午後、12月1日(木)午後、12月1日(午前)開催予定です。
masa@sweet-cafe.jp(下園)までご連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガトー・ナンテと、ガレット・ナンテ

Photo
お菓子の紹介が遅くなりましたが、先日からケーク・ノエルのレッスンに加えこちらのお菓子もレッスンでご紹介しています。

フランスのペイ・ド・ラ・ロワール地方のナントのお菓子、ガトー・ナンテとガレット・ナンテです。
以前テレビでちらっと見ましたが、ナントは巨大な操り人形劇で有名なのですよね。その巨大さにビックリしました!まだまだ知らぬことがいっぱいです。

またナントは、昔ブルターニュ公国の首都だった場所なので、お菓子もなんとなくブルターニュを感じるラムや塩を感じるバターリッチな味わいです。

どちらも素朴で地味ですが、私としてはこれぞフランス地方菓子!(お砂糖やアーモンド、バターをしっかり使って、しみじみ味わい深い味)と思うお菓子です。


3

ガトー・ナンテは、パン・ド・ジェーヌに似たようなアーモンドたっぷりの生地に、焼成後ラムのグラスを塗ります。
いつも使っているラムだと色がつくので、今回はホワイトラムで白く仕上げています。

生地にもグラスにもラムを使用するので、その香りにうっとり。

4

断面は、生地の黄金色とやや濃い目の香ばしい焼き色のコントラストが素敵です。
以前ピティヴィエグラッセを作った時も思いましたが、こういう断面がたまらなく好きです。
なんとなくカステラを思い起こさせる懐かしい風合いですね。

Photo_2

ガレット・ナンテは、以前もデモンストレーションでご紹介したことがありましたが、レシピはそのままに製法を変えて見ました。食感がすこし異なります。
味は、ガレット・ブルトンヌに似ていて少し塩気を感じるバターリッチなサブレです。
塩が入ることで、バターの旨味も強く感じます。


どちらのお菓子も家庭で作りやすく、飽きのこないお菓子です。

こちらのナントのお菓子レッスンは以下の日程で募集しています。
11月26日(土)午後、12月1日(木)午前

参加ご希望の方はご連絡下さいませ。
masa@sweet-cafe.jp(下園まで)
東京都世田谷区での開催です。

※11 月30日の午前か午後で栗とカシスのタルトレッスン追加します。
ご希望の方はご連絡くださいませ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケーク・ノエル

1

今月の新作レッスンは、クリスマスを意識した焼き菓子「ケーク・ノエル」です。
クリスマスを思い出す、スパイス×フルーツの組み合わせをケーク生地で表現しました。
まだ配合は決定していおらず、(味のイメージにまだ到達できず。味というか、香りなのか全体のバランスなのか。。)ですが、仕上げは決まったので紹介します。

最初は焼きっぱなしで、とか粉糖かけるだけの素朴な感じで考えていましたが(参加する皆さんはお好きに選んでいただいてもOKです。)、せっかくクリスマスなのでテーブルに置いたときにその周りが華やぐような飾りつけにしました。基本的にはお菓子に浸かっているものと同じ素材を飾っています。

3

中はこんな感じです。こちらはブラウンシュガーときび糖を半分ずつ使用したので、きび糖だけつかった前回の試作品よりは色が濃い目です。ただ、次回はカソナードでも試してみたいと思っています。

中にはリンゴのキャラメリゼ、サルタナレーズンのラム酒漬け、ドライイチジク、クルミを入れています。
焼きたてよりは少し置いたほうがスパイスがなじんでよい感じです。
ただ、もう少し甘さが欲しい、、どういった甘さなのか。というところがポイントなのだと思うのですが、まずは次回カソナードとはちみつを使ってみようかと思っています。


Photo

お土産にはスパイスクッキーを。
シナモンと数種類のミックススパイス、百花蜜を使用して、パンデピスのイメージです。
穴をあけてひもを通して飾れば、クリスマス気分を味わえるのもいいところ。

こちらはレシピとお土産でのご用意です。

こういうお菓子を作ると、いよいよクリスマスがスタートするんだなぁ!と思います。
大好きなスパイスの香りがより一層素敵に感じる季節です。

ケーク・ノエルやそれ以外のレッスンですがこちらで詳しく日程紹介していますので参考にしてください。
最近クスパ、きちんと更新しています!(以前しばらく放置しすぎていましたが、復活しました。カレンダー付きなので非常に見やすいと思います!)

11月26日(土)午前、11月27日(日)午後、12月1日(木)午後、12月19日(月)午前に開催予定です。

※11月30日の午前か午後で栗とカシスのタルトレッスン追加します。
ご希望の方はご連絡くださいませ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«小さな栗のタルト